生姜湯の効果!肌に良いって本当?便秘への効果&美味しい作り方も

生姜湯は体を温めてくれるので、風邪の時に良いとか、のどに優しいなんて言われていますが、実は肌にも良い事をご存知でしょうか?

美肌と言えば、ビタミンの豊富なフルーツや野菜を思い浮かべますが、香辛料である生姜が、どのように肌に効果をもたらせてくれるのか?


 

私自身、「生姜湯=肌に良い」という認識がなかったので、聞いてビックリでしたし、調べてみてもっとビックリです。

毎日の生姜湯で美肌効果が得られることに!

これは試さずにはいられませんよね♪

生姜湯がどのような理由から、肌にどのように効いてくれるのか生姜湯の肌への効果をまとめてみました。

さらには、便秘への効果美味しい生姜湯の作り方も紹介していきます。

Sponsored Links



生姜湯の効果!肌に良いって本当?

生姜にはいろいろな効能があり、抗酸化作用、新陳代謝を高める、殺菌効果、免疫力向上、血流促進などなど、多岐にわたります。

そして、これらの効果が美肌を生み出してくれるのです。


 

生姜の辛味成分ジンゲロール

生姜に含まれる辛み成分であるジンゲロールには、特に新陳代謝を高める効果があり、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)を早めてくれます。

ターンオーバーがスムーズであれば、肌は健康的でハリや艶(ツヤ)のある状態を保つことができ、くすみをも取り除いてくれます。


しかし、ターンオーバーのサイクルは様々な原因によって乱れ、年齢を重ねることでどんどん長くなってしまうのです。

新陳代謝を促してくれる生姜のジンゲロールの働きは、お肌にとってとても大切でありがたいものなのです。

 

ジンゲロールがショウガオールに!

ジンゲロールを100度以下で加熱したり、乾燥させたりすることでショウガオールという成分が生まれます。

ショウガオールには、とても強い抗酸化作用があり、身体を酸化(老化)させてしまう「活性酸素」の活動を抑止してくれます。


活性酸素は、老化や病気の原因になるとともに、シミやしわの原因にもなってしまうため、ショウガオールの強い抗酸化作用は、美肌には欠かせない成分と言えるでしょう。

さらに、ショウガオールには、脂肪や糖の代謝を助ける作用もあるため脂肪燃焼効果も抜群で、ダイエットにもとても有効です。

 

ジンゲロールorショウガオール?

残念ながら、ジンゲロールとショウガオールは一緒には摂りにくい成分なので、どちらを重視するかで摂りかたも変わってきます。

生姜湯はジンゲロールの摂取に向いています。

胃を活性化し新陳代謝を促したいのなら、生姜湯という摂取方法も良いですね。

逆に、ショウガオールを摂取したい場合は、生姜湯ではなく、蒸し生姜or乾燥生姜がオススメです。

【楽天市場】



体の中から温め血行を促進し、抗酸化作用を存分に期待したい、もしくはダイエットに活用できます。

加熱の際、100度を超えるとショウガオールが減ってしまうので、温めすぎないことも大切です。

 

もしくは、このような乾燥生姜を生姜湯にしていただくことも一つの手です。

こちら↓の【温効生姜】という商品は、なんとジンゲオールが生の生姜と比べて375倍含まれています。

乾燥生姜でぽっかぽか習慣♪しょうが湯なら【温効生姜】

普通の乾燥生姜で25倍程度なので、これは驚きですね。

 

Sponsored Links



生姜湯の効果!便秘にも?

便秘は身近な問題すぎて安易に考えがちですが、放っておくと大きな病気の原因になってしまいますので、改善するに越したことはありません。

そんな便秘の原因の多くは内臓の冷えからといわれていて、冬になると便秘の人が増えるそうです。


身体が冷えると、内臓の機能が低下し、腸の動きも鈍くなるというわけですね。

便秘になると、不要なものをため込むことになり、お肌にも確実に良くないですし、太りやすい状態であると言えます。

そこで活躍してくれるのが生姜湯(生姜)の効果。

ジンゲロールによる胃腸の動きを活発化させる働きと、ショウガオールの体の中から血流を促進させる効果から、腸全体が活性化し、蠕動(ぜんどう)運動が促進されて便秘が解消されるのです。

 

特に、朝食前の空腹時に生姜湯を飲むことで、より腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し便通が良くなります。

ただ、ジンゲロールには体を冷やす効果もあるので、摂り過ぎには注意しましょう。

できれば、ショウガオールを多く含む加熱した生姜を使う方がより高い効果が得られます。

便秘には、身体を中から温めて腸を動かすことが大切です。

なにはともあれ、冷えは万病の元ですからね。

 

Sponsored Links



生姜湯の美味しい作り方

生姜湯パワーを存分に知っていただいたところで、「あなたは美味しい生姜湯が作れますか?」。

私、どうも作るのが苦手で・・・。

母に作ってもらうと美味しいし、その方法&レシピを真似しているつもりなのに、なぜかちょっと違う。

ということで、そんな私にもできる「簡単で美味しく作れる方法を!」ということで、「生姜湯の美味しい作り方」も調べてみました。


 

生姜の効果を美味しくいただくレシピです。

これらのレシピに入れる生姜は、生で使えばジンゲロールの効果を、ラップにくるみ電子レンジで温めてから使えばショウガオールの効果を期待できます。

ご自分の症状や期待する効果に合わせて使い分けてみてくださいね♪

 

黒糖生姜湯

【材料】
  • 生姜 すりおろしで小さじ1
  • 黒砂糖 大さじ1
  • 片栗粉 小さじ1
  • お湯 200ml
  • 水 適量
【作り方】

  1. 片栗粉を水で溶きカップに入れる
  2. さらに黒砂糖をカップに入れる
  3. 生姜をすりおろしカップに入れる
  4. お湯を入れ、かき混ぜたら完成!
黒砂糖の深い甘みと、スパイシーな生姜の香りがちょっと贅沢な気分にさせてくれますよ。

 

生姜湯ミルク

【材料】
  • 生姜 すりおろしで小さじ1
  • 牛乳 200ml
  • 蜂蜜 適量
【作り方】

  1. 生姜をすりおろします
  2. カップに生姜と牛乳を入れ、電子レンジで温めます
  3. お好みで蜂蜜を入れて完成!
生姜の辛味が苦手な方にも飲みやすいマイルドな味わいです。

 

=番外編=梅しょう番茶

【材料】
  • 梅干し 1つ
  • 生姜 すりおろしで小さじ1
  • 醤油 適量
  • 番茶 200ml
【作り方】

  1. 梅干しをほぐして、種を取りカップに入れる
  2. 醤油を好みの量入れる
  3. 生姜をすりおろし、カップに入れる
  4. カップに入れ番茶を注ぎ混ぜたら完成!
梅干しのクエン酸は、ミネラルの吸収促進を助け血液をサラサラにします。

そこに、番茶と生姜の新陳代謝を助ける効果が合わさり、非常に美肌効果の高い飲み物になるとか。

※お子様が飲むときには4~5倍に薄めてください。

 

生姜湯の美肌&便秘改善効果に期待

調べていくうちにどんどん生姜湯の魅力に引き込まれてしまいました。

「生姜湯=風邪の時に」ということで、風邪の時以外に飲むなんて、考えたこともなかったので衝撃です。

美肌も便秘も、私にとっては気になることだらけ。

これから毎日飲んでいこうかな!

朝食の前に1杯!

と、即試してみたくなりました♪

あなたも是非いかがですか(*^^)v?

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ