端午の節句の意味・由来!もとは女の子のお祭りだった?!

男の子の節句としてお馴染みの

「端午の節句」 こいのぼり
 

男の子のいるお家では、

「鯉のぼり」を立てたり、

「五月人形」を飾ったり

「しょうぶ湯」に入ったり^^

 

ウチにも男の子がいます。

 

なにせ家が狭いため、

鯉のぼりも五月人形も省略しちゃって、

「しょうぶ湯」や「ちまき」で雰囲気だけでも~♪

 

な~んて、可哀想な事になっていますが、

そもそも「端午の節句」の「端午」って何???

なんで「ちまき」食べるの??

「しょうぶ湯」はどういう意味?

 

考えてみれば、知らない事だらけだったので

ぜ~~~んぶ調べてみましたよ~^^

 

Sponsored Links

 
 

「端午」ってどういう意味?

 

端午の「端」は「初」を意味していて、

もともとは月初めの「午(うま)の日」を指していました。

 

そしてこの「午」の読みが、「五」に通じること。

「五」が重なることから、

五月五日を「重五」「重午」などと呼んで

この日にお祭りをするようになったといわれています。

 

なんとな~く、わかって頂けました?

ちょっと複雑ですよね^^;

 

 

 もとは女の子のお祭りだった!!

 

これ、かなり意外じゃないですか?

かぶと
現代では完全に

「端午の節句」=男の子のお祭り

ですよね。

 

まぁ、「こどもの日」ってことで、

女の子も便乗しちゃうこともありますけどね^^;

 

では、なぜ「女の子のお祭り」だったのか・・と言いますと、

 

昔の日本では、田植えが始まる前に

早乙女(さおとめ)と呼ばれる若い娘さん達が

田の神のために仮小屋や神社などに籠って

けがれを祓い清めていました。

 

これを「五月忌み(さつきいみ)」といいます。

 

つまり、五月五日は田の神に対する女性の厄払いの日

だったわけです。

 

では、これがなぜ「男の子の日」に変わったか???

 

男の子のお祭りに変わったのは平安時代。

 

「端午の節句」に使われていた厄を祓う「しょうぶ」

武士を尊ぶ「尚武」や「勝負」に通じることから

男の子が「しょうぶ」を頭や体につけたり、

「しょうぶ」で作った兜(かぶと)で遊ぶようになりました。

 

宮中では、馬の上から矢を射たり

競馬などの勇壮な行事を行うようになっていたこともあって、

 

女の子のお祭りだった「五月忌み」から

男の子を祝う行事へと変化していったのです。

 

 

Sponsored Links

 

 

ついでに、「しょうぶ」の理由もわかってしまいましたね^^

「しょうぶ湯」に浸かって、

厄を払う・体を清めるという意味なんですね。

 

その後、江戸時代には

五節供の一つである「端午の節句」に定められ、

家の中で武者人形を家の中に飾るようになりました。

 

また中国の故事である

「龍門を登って鯉が龍になった」

にあやかって

子供の出世を願うために鯉のぼりをたてるように♪

 

この時代を境に、

五月五日は完全に男の子の節句になったと言えます。

 

 

 「ちまき」「柏餅」を食べる理由は?

 

端午の節句(こどもの日)が近付くと

和菓子屋さんは大忙し^^

 

「ちまき」と「柏餅」がたくさん並びます。

ちまき
これも不思議じゃないですか?

 

なんで「ちまき」?

なんで「かしわ餅」?

 

 

「ちまき」の理由

 

「ちまき」を食べるというのは、

中国の伝説に由来しています。

 

古代中国の「楚(そ)」の詩人・屈原(くつげん)

五月五日に川に身を投げたそうです。

 

その出来事を悲しんだ人達が、命日になると

竹筒に米を入れて、川に投げ込んでいましたが、

 

ある年、屈原の霊が現れ、

「米を龍に取られてしまうので、竹筒ではなく、

龍が嫌うチガヤの葉(ちまきを包んだ葉)で包み、

糸で結んで欲しい」と訴えたそうで・・・

 

この話が伝わり、五月五日に「ちまき」を食べられる

ようになったと言われています。

 

※ちなみに、現在はチガヤの葉ではなく

笹の葉で代用されることが多いです。

 

 

「かしわ餅」の理由

 

柏という木は、新しい葉が生えないと

古い葉が落ちないことから、

『後継ぎが絶えない』

という願いが込められているそうです^^

 

 

最後に・・・

 

日本の古来からある行事って、

やはり中国の文化の影響をかなり受けてるんですね~。

 

また、名前の由来など調べていると

「漢字の読みが同じだから」というような、

意外とダジャレ的な発想なのもおもしろいなぁ~♪

 

誰かが言った「ダジャレ」が後世に伝わる行事になる・・・

 

今だったら考えにくいですもんね^^;

 

あなたはどんな感想を持ちましたか^^?

 
 

Sponsored Links

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ