足利フラワーパークイルミネーション2016いつからいつまで開催?

30aa
 

栃木県足利市にある「足利フラワーパーク」。

春夏秋冬、様々な美しい花々に囲まれて過ごすことが出来る素敵な場所として有名ですが、

冬はとくに、イルミネーションスポットとしても人気ですよね。

 

足利フラワーパークのイルミネーションは、数多くある関東のイルミネーションの中でも【日本夜景遺産認定 関東三大イルミネーション】の1つにもなっているほど、有名で人気のイルミネーション♪

電球の数も年々増し、2015年~は300万球に。

関東3大イルミネーションの1つにして、全国でも13位の人気を誇ります。

ここでは、

  • 足利フラワーパーク イルミネーションの開催期間(いつからいつまで?)
  • アクセス・駐車場情報など
  • イルミネーション以外の楽しみ方(イルミネーションまでの待ち時間に♪)
 

Sponsored Links




 

足利フラワーパークのイルミネーションはいつからいつまで?

ここでは、イルミネーションの開催期間やパークの開園時間、また入場料の他に、足利フラワーパークならではのイルミネーションの魅力情報までお届けします♪

 

開催期間

イルミネーションは足利フラワーパークでは「光の花の庭」と呼ばれており、

今年(2016年)は【10月22日~2月5日】までとなっています。

 

開園時間

午後3時半~9時半までで(平日は9時まで)、イルミネーションの点灯開始時間は4時半頃からとなっています。

(当日の外の明るさなどによって多少時間が前後するかもしれません)

 

入園料

 
  • 大人:800円
  • 子供:400円
 

見どころ

この「光の花の庭」というネーミングは、1年を通して花を楽しめる場所であるだけに、イルミネーションも花や自然や季節感に特化したものであることから名付けられました。

特に「光の花の庭」の最大の見どころになっている「奇蹟の大藤」は、藤色の花房が咲き誇っているのをイメージしたイルミネーションとなっており、風が吹くと揺れめく場面なんかはまるで本物のようで大変美しいものとなっています。


(※24秒くらいに点灯します)

更に、水面に映し出されるイルミネーションや、山の斜面を利用して演出する光の壁画も美しく、かわいく、お子さんでも楽しめますよ♪

 

また、足利フラワーパークのイルミネーションは、期間中「フラワーファンタジー3つのテーマ」と題して、3種類のまるっきり違ったテーマのイルミネーションを楽しめることも魅力の一つです。

  • 10月下旬~11月下旬 【光と花のコラボレーション~光とアメジストセージの融合~】
  • 11月下旬~12月下旬 【フラワーパークのクリスマス~クリスマスファンタジー~】
  • 元旦~イルミネーション期間終了日 【ニューイヤーイルミネーション ~光と冬ボタンの競演~】
これは是非ともコンプリート鑑賞したいですね!

 

Sponsored Links



足利フラワーパークへのアクセス(車・電車・バス)駐車場情報など



 
車の場合
◆東北自動車道から

佐野藤岡ICより、国道50号前橋で足利方面進行です。

およそ18分で到着します♪

 

◆北関東自動車道から

太田桐生ICより、国道122号経由して国道50号足利・小山方面進行です。

およそ20分で到着します♪

 

◆足利ICより、国道293号経由して県道67号佐野方面進行です。

約15分で到着します♪

 

◆佐野田沼ICより、県道16号経由して県道67号足利方面進行です。

約12分で到着します♪

 

駐車場は料金無料で300台止めることが可能です。

無料で停められるのはありがたいです!

 

 
電車の場合
最寄駅:JR両毛線 富田駅

◆→東武伊勢崎線を利用→「久喜駅」で下車→JR東北本線に乗り換え→「小山駅」で下車→JR両毛線に乗り換え→「富田駅」で下車

◆→JR「上野駅」→JR東北本線「小山駅」→JR両毛線に乗り換える方法もあるので、都心部お住まいの方はこっちのほうが乗り継ぎしやすいかもしれません。

 

【駅到着後の現地までの行き方】

富田駅に着いたら南に向かい、信号を右折。

→富田郵便局手前まで道なりに進みます。

→手押し信号機の横断歩道を渡り左折します。

→路線の高架下をくぐると到着!

 
シャトルバス
東武伊勢崎線【足利駅】から現地まで30分で到着するシャトルバスも出ています!

運行状況や時刻などは、日によって前後することもありますので、事前に確認が必要です。

 

 

足利フラワーパークはイルミネーション以外も素敵

足利フラワーパークはお花を鑑賞する観光地として有名です。

昼間(15:30~)から入園し、夜のイルミネーションまでの時間も楽しんでみてはいかがでしょうか?

12e
 

【10月上旬~11月下旬】

2万株・およそ30万本のアメジストセージが楽しめる【パープルガーデン&ローズガーデン】

アメジストセージという花は、結婚式でも使用される華やかで色とりどりの可愛らしいお花です。

他にもランタナというピンクの花や、熱帯性スイレンという池に咲く紫色の花など、本当に花畑にいるような気分になれます♪

 

【12月】には、ロウバイという黄色い梅のような木に咲く花の開花が見られます。

甘い香りがして心も癒されるかもしれません♪

他にも、寒紅梅という冬に咲く真っ赤な梅など、12月はあまり花が咲かないイメージがあるなか、様々な花を観賞することが出来ます♪

 

【1月】には冬牡丹が開花。

昼間も勿論鑑賞できますが、夜にライトアップされた姿もまた見え方が違って素敵です。

この冬牡丹は、園内の様々な場所にあり、水上や雪囲いの中などからも鑑賞することが出来ます。

寒紅梅も引き続きこの月でも楽しめます。

 

【2月】には、引き続き冬牡丹のほかに、よく見かけるピンク色の梅、白くて可愛らしいクリスマスローズ、黄色い福寿草も楽しむことが出来ます。

 

冬場は本当に花の種類が少ないと思っていましたが、真冬でもこんなに様々な花を楽しむことが出来るのはさすが【フラワーパーク】ですね!

カメラが好きの私は撮影に夢中になってしまいます。

デートにはもちろん、お子様連れのファミリー、私のようにカメラが好きな方にもお勧めしたいスポットですよ。

 

さいごに

関東3大イルミネーションの一つに選ばれるだけあって、素敵なイルミネーションスポットですね。

地方ならではの、山や水面を利用したイルミネーションも必見。

また、咲き誇る花を利用したり、イメージしたイルミネーションはこの足利フラワーパークならでは!といったところだと思います!

今年の冬の思い出に、あなたもいかがですか?

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ