千葉ドイツ村イルミネーション【2016】期間や時間・料金を紹介!

4e
 

ドイツ村は千葉県柚ヶ浦にある大きなテーマパーク。

子供が楽しめるような小さな遊園地や、ボートに乗れる池、ゴルフ場、ドッグランドなど、

家族でもカップルでも1日中遊べる大型施設ですね。

 

そんなドイツ村で行われいるイルミネーションは

関東では「足利フラワーパーク」「江ノ島」とならぶ、関東三大イルミネーションの一つ

もちろん期待してください!

特に、すぐに飽きてしまいがちな子供でも楽しめるイルミネーションスポットなのが大きな特徴です。

今回は、そんなドイツ村のイルミネーション【2016】についてご紹介していきます。

 

Sponsored Links




 

ドイツ村イルミネーション 2016 開催期間や時間など

まだ正式な日程は発表されていませんが、

昨年が11月7日~3月31日まででしたので、今年もおそらく【11月上旬~3月末】までが目安ですね。

 

ライトアップ時間は【16時~20時】

昼間にたっぷり遊んだあと、あまり寒くならないうちにイルミネーションを満喫して帰るというプランが、小さなお子様連れファミリーには良いかな♪

と個人的には感じています。

 

というのも、ここドイツ村のイルミネーションは、

小さなお子様でも楽しめるメルヘンチックな可愛いイルミネーションが魅力なんです。

「じゃぁ完全に子供向けなの?」

というとそんなこともなく、

LEDも250万球使用されている本格的で煌びやかなイルミネーションなので

大人でも十分に楽しめますよ(o^―^o)

 

もちろんテーマにもよりますので、今年はどのような雰囲気なのかは、発表を待たないとわかりませんが

去年のテーマは「おもちゃ箱~Kira★Kira★Smile~」

まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなカラフルポップなイルミネーションが展開されました。

 



 

場所によってはシャボン玉も飛んできたりと、子供に限らず大人も大喜び♪

また、「光と音のショー」ということで、

ライトアップ以外にもおもちゃのチャチャチャなど、子供に親しみのある音楽も流れ出します。

 

さらに、敷地内にある丘の上のマルクトプラッツ周辺には、まるで3Dの絵本が飛び出したようなライトアップがあったり、

階段には、毎年デザインが変わる絵柄がライトアップされた光の階段や、海の上に繋がれた光のつり橋も必見です。

ドイツ村には観覧車もありますので、観覧車に乗ってこの素晴らしいイルミネーションを上から堪能するのもまた格別ですよ♪

 

Sponsored Links



 

千葉ドイツ村へのアクセス・入場料などの案内

まずは、ドイツ村へのアクセスについてご紹介します。

続いて、かなりお得になった入園料のお話しもしていきますね。

 

千葉ドイツ村へのアクセス情報

【車を利用する場合】

☑ 館山自動車道

「姉崎袖ヶ浦IC」より3km、およそ5分で到着。

ICの出口を出た後、突き当りを右折し道なりに進めばOKです。

※駐車場はドイツ村敷地内に3000台の大型スペース有り

 

【高速バスを利用する場合】

☑ JR千葉駅

JR千葉駅にて、高速バス「カピーナ号(千葉~鴨川線)」に乗車し「東京ドイツ村」で下車。

JR千葉駅のバス停沿いにある東口21番が乗り口です。

 

☑    アクアライン高速バス

横浜駅・川崎駅or品川・新宿駅にて、「アクアライン高速バス」に乗車し「袖ヶ浦バスターミナル」で下車。

その後、路線バス「平川行政サービス行き」に乗り継ぎ、「農協平岡支店前」で下車して徒歩約12分で現着します。

(土日は路線バスでドイツ村前まで行くことが可能です)

 

【電車を利用する場合】

「袖ヶ浦駅」が最寄りです。

そこから「平川行政サービス行き」(土日はドイツ村行き)を利用して下さい。

 

千葉ドイツ村の入場料

以前は、
  • 大人:1200円
  • 中高生:800円
  • 4歳~小学生:600円
  • シニア(65歳以上):1000円
でした。

 

が、

 

なんと、今年(2016年)から入場料の価格が変更となりました。

しかも、値上がり、ではなく、値下がりです!それも大幅の♪♪♪

なんとも有難い決定ですね♡

 

イルミネーション期間中は

 
  • 大人:1200円→0円
  • 4歳~小学生:600円→0円
つまり値下げというよりタダ!!!

 

イルミネーション期間が終了する4月~も

 
  • 大人:800円
  • 4歳~小学生:400円
に値下げされています。

 

また、年間パスポートもあり、

大人:4000円

中高生:3500円

4歳~小学生:3000円

なので、年に5回以上行くならこっちの方がお得という計算になります。

※入場料・年間パスポートは入場料のみの金額で、アトラクション利用の場合は別途かかります

 

イルミネーション以外にもこんな見どころが!

ドイツ村で一日遊んで、夕方からはイルミネーション♪

というスケジュールを立てるなら、昼間の遊び場もチェックしておいてくださいね。

ここではドイツ村内でのオススメスポットを紹介しておきます。

 

2001年にオープンして今年で17年目のドイツ村。

敷地面積がなんと27万坪(東京ドーム19個分に相当)する広大な施設で

花や緑にあふれる大きな芝生やボート、ゴルフ、子供が遊べるアミューズメント(遊園地)、ペットと遊べるドッグランまであります。

昼間も十分遊べる見どころスポットがたくさんありますよ♪

 

こども動物園



ウサギ・ヤギ・羊・豚・カモ・モルモット・リス等の小型動物が敷地内で飼育されており、触れ合いも出来ます。

ウサギやモルモットの触れ合いが出来る施設は他にもたくさんありますが、

ドイツ村のマスコットキャラクターである【ミニブタちゃん】との触れ合いはなかなかレアで、お子さんにとって貴重な体験になるかと思います。

その他にも、テンジクネズミ科のマーラという珍しい動物も見ることが出来ます♪

こども動物園では定期的に動物とのイベントも行っているので、こちらも要チェックです!

 

芝そりゲレンデ



全長60m・幅30m、最大斜度20℃の大きな芝そりゲレンデです。

専用のそりとヘルメットの貸し出しもしてくれ15分間乗り放題♪

お父さん・お母さんも子供と一緒に童心に帰ってみませんか?

 

観覧車



直径40mと少し小さめの観覧車ながら、東京湾や天気が良ければ富士山も眺めることができる絶景スポット!

上の動画は、まさにイルミネーションを観覧車から見たもので、とっても素敵でしょ。

これはカップルにはたまりませんね♪

もちろん家族で感動するの良いですよ。

4歳以上はアトラクション料金が別途でかかりますが、4歳未満のお子さんは無料です。

昼間の景色と夜の景色を見比べてみてはいかがでしょ?

 

収穫体験

テーマパークで収穫体験?と思われるかもしれませんが、

ドイツ村では野菜や果物や花を栽培しており、その収穫体験が出来ます。

千葉県の名産の落花生をはじめ、タケノコやじゃがいも、さつまいも、みかん、椎茸など・・・

7月~8月の暑い時期を除いては何かしら収穫が出来るので、イルミネーションの季節も大丈夫ですよ(o^―^o)

 

 

さいごに

昼間は広大なテーマパークを存分に楽しんで、

夜はしっとりとイルミネーションに酔いしれる。。。

全国的に見ても、こんな沢山の施設が揃ったスポットはなかなかないですよ。

 

しかも、入場料も期間限定ではありますが、無料というのはスゴイ!

もちろんデートにも利用できますが、個人的にはやはり家族連れで出かけていただきたいスポットです。

パパとママにとっても、きっと素敵な思い出になりますよ(*˘︶˘*).。.:*♡

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ