”是が非でも” の意味を詳しく紹介!類語や英語表記もお任せ!

「是が非でも…」

なんとなく知っているし、耳に馴染みもあるけど…

自分で使うことはないから意味をしっかりと知らない。

というのは、あなただけではありません。ご安心を♪

 

ここでは「是が非でも」の意味について、詳しくご紹介します。

日本語は正しく使うことでより美しいとされますので、ぜひこの機会に確認しておきましょう。

今回は意味はもちろん、類語や英語での表現もまとめておきました。

 

Sponsored Links




 

 

「是が非でも」 意味を解説

まず日本語というのは、漢字に意味が詰まっているものなので、

「是」と「非」、それぞれの漢字の意味を見てみましょう。

 

「是」(読:ゼ これ・この)

道理にかなっていること。

正しいこと。

 

「非」(読:ヒ そしる・あらず)

道理にかなっていないこと。

間違っていること。

よくない。違う。

 

上記の二つの意味を踏まえると、

単純に「正しくないことでも、間違っていることでも」という意味に取れますね。

もう少しスッキリした言い回しをするのなら、

  • 善悪に関係なく
  • どうしても
  • どちらにせよ
  • なにがなんでも
などが当てはまります。

 

  • 是が非でも○○したい
  • 是が非でもやらなければいけない
  • 是が非でも結果は同じことだ
のようにさまざまな意味で使われます。

後に続く内容や場合によって変化しますが、要は「良かろうが悪かろうが」ということですね。

 

 

是が非でも ”類語”は?

さきほどもいくつか紹介しましたが、「是が非でも」の類語をいくつか紹介していきます。

まず類語とは類義語と同じ意味をもつ言葉で、意味は“意味が似ている言葉”のことです。

ややこしいですが「類語」の類語として「同義語」というのがありますが、

これは“意味が同じ言葉”という意味なので「是が非でもの類語」というのは「是が非でもと同じような意味をもつ言葉」ということになりますので覚えておいて下さいね。

078364
さて、では本題の是が非でもの類語ですがこんなものがあります。

 

  • 必ず
  • 何があっても
  • 何がなんでも
  • どうしても
  • どちらにしても
  • 是非とも
  • どんな手を使っても
  • 無理やりでも
  • 否が応にも
  • なんとしてでも
  • 絶対に
  • 止むを得ない
 

意味がずれたように感じるものもありますが、例文を使ってみてみると分かりやすいです。

 

例えば「彼女に声をかけたい」という文につなげてみましょう。

 
  • 是が非でも彼女に声をかけたい」
→  これだけだとまだ意味が広いので分かりにくいですね。

 
  • どうしても彼女に声をかけたい」
→  なんとかして声をかけたい切実さが伝わってきます。

 
  • 無理やりにでも彼女に声をかけたい」
→  一方的な感じが出てきましたね。

 
  • 何があっても彼女に声をかけたい」
→  決意が見え隠れする言い回しになってきました。

 

同じ文であっても、類語によって与える印象が違いますよね。

これが日本語の難しいところですが、全て「是が非でも」の類語なんですよ。

また漢字部分だけをとって「是非」という言葉としても使われており、これも「是が非でもの類語」といえますね。

「是非あの絵をいただきたい」というのと、「是が非でもあの絵をいただきたい」というのが似た意味であると言われると、ちょっと受け方に違和感があるように感じますね。

 

Sponsored Links




 

 

「是が非でも」 英語ではどう表現する?

さいごに”是が非でも”を英語にするとどうなるのか、紹介しておきます。

本来の日本語であってもこれだけ複雑な言葉ですから、

英語にするとなるとまたややこしそうですが、一体どうなるのか見てみましょう。

095998
 

是が非でもを英語にすると「rightly or wrongly」が1番近しいでしょうか。

【rightly or wrongly】を日本語訳すると、「是が非でも」「良かれ悪かれ」という意味になりますので、最も直訳的な英訳になるといえます。

しかしこれだけ日本語としても意味の多い言葉ですから、

  • by fair means or foul(手段を選ばず)
  • whether someone likes it or not(相手が好きでも嫌いでも)
  • at any price(どうあっても)
  • whether or no(いずれにせよ・ともかく)

なども是が非でもとして使われる場合があります。

 

例えば、「We must avoid war by all possible means.(私たちは戦争を何としても避けなければならない)」という文ですが、

「是が非でも戦争を避けなければならない」と訳すこともできます。

「by all possible means」が「何としても」という意味で、「是が非でも」と変換することが可能です。

ニュアンスや伝わり方を考えると、もはや正解というものがなく、相手への伝わり方次第なところがあります。

 

さいごに

「是が非でも」という言葉をあまり使う機会がないのは、類語で簡単なものがあるからかもしれませんね。

「絶対に勝つ!」という言葉を、「是が非でも勝つ」とわざわざ言う人のほうが少ないですから…。

しかし知ってみると案外身近で、使うことがないにせよ、聞いても違和感は少なくなったのではないでしょうか?

せっかくの国語ですから、”是が非でも”、“是非”意識して使って欲しいものです(o^―^o)

 

Sponsored Links




 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ