京都の紅葉 時期(見ごろ)はいつ頃?名所と穴場・ライトアップ情報も

京都の楽しみ方の代表格でもある”紅葉”

そろそろ予定を立てたいけれど、

京都の紅葉の時期(見ごろ)はいつ頃だったっけ?

 

そんな疑問にお答えすべく、バッチリ調べております。

エリア別”紅葉の見ごろ時期”を、名所や穴場、ライトアップ情報とともにご紹介します。

Sponsored Links




 

”京都の紅葉”見ごろの時期はいつ?

ご存知の通り、気温の変化の度合いによって

毎年見頃の時期は変わりますが、そんなに大きな変化はありませんので、

ここでは平均的な時期を紹介していきますね。

 

京都・・と一言で言っても、市内中心部の紅葉もあれば、

山あいの紅葉もあり、山あいは『11月上旬』市内は『12月上旬』が見ごろと言われています。

それでは、京都のエリア別での見ごろを確認していきましょう。

 
  • 洛北(鞍馬・貴船神社など)…11月上旬~11月下旬(中旬が多い)
  • 洛東…(八坂神社・清水寺など)…11月上旬~11月下旬(中旬~下旬が多い)
  • 洛中…(西・東本願寺など)…11月中旬~12月上旬(中旬~下旬が多い)
  • 洛西…(嵐山など)…11月上旬~11月下旬(中旬が多い)
  • 洛南…(京都駅・伏見稲荷神社など)…11月中旬~11月下旬
  • 京都市近郊の平均…11月中旬~11月下旬
 

念のために行く前に確認したい!という方は、

確認場所として、各旅行会社や京都府の観光協会など、

今年の紅葉の時期をきちんと把握した上で、教えて貰える場所が良いですね。

 

 

京都の紅葉と言えばココ!名所5選とライトアップ情報情報

ここでは、京都の紅葉の名所を紹介します。

多少の混雑は予想されるものの、安定した美しさが魅力ですね。

 

215814金閣寺(鹿苑寺)…エリア(京都府・京都市北区)

232401
世界文化遺産の一つである北山文化を象徴し、お釈迦様の骨を祭ったといわれている舎利殿『金閣』が有名ですね。

正式には『鹿苑寺/ろくおんじ』と呼びます。

金閣を中心に極楽浄土を表した庭園が紅葉で染まります。

11月上旬に色づき始め、見頃は11月中旬~12月上旬となります。

 

 

215814永観堂…エリア(岡崎・銀閣寺)

3742
 

昔から紅葉の名所として名を残していて、古今和歌集で藤原関雄が一句詠んでいるくらいです。

『もみじの永観堂』と呼ばれるほどに、今もなお人気を高めています。

見頃は11月中旬~11月下旬と短めですが、11月上旬~12月上旬までライトアップも行われます。

ライトアップ時間は夜間特別拝観となり、17:30~20:30受付になります。

 

 

215814北野天満宮…エリア(洛中)

学問の神様で有名な北野天満宮は、

数年前より鏡台西側に残る史跡を『もみじ苑』として公開し人気を集めています。

高い位置から見下ろす事が出来るので、眼前に広がる美しさはひとしおです。

また11月中旬~12月上旬は日没後~20:00までライトアップも行われ、昼間とは違う幻想的な美しさを体験できます。

拝観客の昼夜入れ替えが無いのも嬉しいですね。

 

 

215814曼殊院(まんしゅいん)…エリア(一乗寺・修学院)

格式のある門跡寺院で、紅葉の名勝としても有名です。

11月上旬~11月下旬の日没後~20:30までライトアップが行われ、拝観客の入れ替えもなく、紅葉にじっくり浸ることができます。

見頃は11月上旬~11月下旬で、一乗寺界隈にある『十牛之庭』と呼ばれる圓光寺なども見事な紅葉を見る事が出来ますよ。

 

 

215814三千院…エリア(大原・貴船)

c447
 

天台宗三門跡に数えられ重要文化財の往生極楽院など見応えも抜群!

ライトアップはありませんが、『もみじ祭り』の期間中はお茶の席が設けられており、

視覚と味覚で京の美しい秋を楽しむ事ができます。

京都の中心部から少し離れているため、静かでゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

Sponsored Links




 

京都の紅葉!穴場スポットでゆっくり鑑賞

いくらキレイでも人ゴミは嫌!

そんなあなたに、穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

215814京都市北区鷹峯(たかがみね)周辺



『源光庵・光悦寺・常照寺』と、3つのお寺があり、市内からもそれほど離れていません。

紅葉が美しい割に混雑せず、のんびりと拝観したい方へのおすすめスポット。

3つのお寺はそれぞれの特色を持ち、とても美しいですよ。

しかも、3か所は100mも離れていないので、1度で全部見て回ることが出来るお得感もおすすめです。

 

 

215814宇治市周辺



市内から電車で20分ほどの距離にあり、世界遺産の『平等院鳳凰堂』を筆頭に、神社仏閣の観光スポットです。

平等院鳳凰堂は有名で穴場とは言えませんが、宇治川沿いの並木道、また宇治川に映る紅葉がとても美しくおすすめです。

また、宇治川のほとりから山門に至る200mほどの参道は、谷川のせせらぎに癒される『琴坂』と呼ばれ、秋には『紅葉のトンネル』に変身します。

 

 

215814三室戸寺(みむろとじ)…エリア(宇治)



古くから『花の寺』として知られている三室戸寺。

場所が山間ですので見頃が『11月下旬~12月上旬』と遅め。

そのため隠れた名所になっているのですが、最盛期は山全体が美しく色づき包まれるため『三室戸の紅楓』と称されるほどです。

 

 

215814古知谷阿弥陀寺…エリア(大原)



大原にある観光寺院の付近よりさらに滋賀県方面に進みます。

地元の人には有名ですが観光客が少ない為、ゆっくりと見る事が出来ますね。

駐車場からお寺に向かう間の紅葉が美しい穴場です。

 

 

215814毘沙門堂…エリア(京都市伏見・山科)



鏡台と、その周辺に広がる紅葉は知る人ぞ知る穴場と行っても過言ではありません。

長い石畳で出来た参道が、真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたような風景は見事な物です。

紅葉の葉が踏まれていない早朝がさらにオススメです。

 

これらの穴場は、ライトアップなど派手な演出はありませんが、

昔ながらの景色を楽しみ、その美しさを満喫するための場所として考えて頂けたら嬉しいです。

観光客で溢れる場所でなくても、しっかりと「紅葉」を肌で感じさせてくれます。

 

最後に

しっとり紅葉を堪能したい・・・となると、頭に浮かぶのが秋の京都。

本当に素敵な場所がたくさんありますね。

近年ではライトアップやお茶を楽しむイベントなど、様々な趣向を凝らす場所もあれば、

昔ながらの風景をそのまま魅力とする山々、

あなたのお好みで巡ってみてください(*˘︶˘*)

 

Sponsored Links




 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ