金運アップ財布にするためには何色を選ぶ?素材や中身・扱い方も紹介

黄色が良いとか蛇皮が良いとか…金運アップ財布については色んな説がありますね。

新しくお財布を買うときは、せっかくなので金運アップにこだわった色を選びたいものです。

そこで今回は金運アップにつながるお財布の色の選び方、また素材や、金運アップに繋がるお財布の使い方などをまとめました。

是非、お財布新調の際の参考にどうぞ♪

Sponsored Links



金運アップに繋がる財布の色や素材とは!

まず、認識しておいて頂きたいのが、「金運アップ=この色」というような単純なものではないということ。

お財布の色を選ぶ際は、今の自分の状況、そして望む方向性をまずは見極める必要があります。

そして、極論を言えば、「お財布を大事に使う」ことが一番金運アップにつながるので、色や素材に固執し過ぎるよりも、最終的には気に入ったものを選ぶのが吉なのです。

ということを念頭に置き、強いていうならこんな色が今のあなたの望みにぴったり♪という色の選び方を紹介しますね。


 

金運アップに効果的なお財布の色とは?

一言に金運アップと言っても、それぞれの望みは少しずつ違うものです。

あなたは”どんな金運”をお望みですか?

 

黄色

金運のイメージが強い黄色ですが、「お金の回りが良くなる」色なので、収入だけでなく支出も増えてしまいます。

とくに明るい黄色はその傾向が強く、黄色を選ぶなら、山吹色や淡い黄色・内側に黄色が使われたデザインのものを選ぶのがポイントです。

 

ピンク

ピンクは「対人関係でお金が増える」色です。

誰かのお陰で臨時収入が入ったりと、いわば他力本願でお金を増やしたい人にオススメの色です。

とくに既婚女性や、人間関係を良好にしたい人に向いています。

 

黒・茶色

オーソドックスな印象の黒や茶ですが、「堅実さのあらわれとしての色」です。

現状にある程度満足していたり、お財布の紐をかたくしたい人に向いています。

金の金具がついているとより良いとされ、現状維持を望む場合にオススメです。

 

白・ベージュ

女性のお財布としては人気の高い白やベージュは、浄化の色といわれます。

新しく経済環境をリセットしたい場合や、貯金を始めるときに使うと良いとされています。

緑も貯金の色なので、豆知識として覚えておいてください。

 

紫は、これから成長していく人に向いている色です。

金運というよりはステータス全体に影響するので、新生活をはじめる場合や起業するときなど、新しい風を起こしたいときに使うと良いとされています。

 

赤・青色

赤や青は金運アップには不向きな色です。

赤は燃える火を連想し、青は流れる水を連想することから、散在しやすくなるといわれています。

とくに赤は激しい色なので、デザインに使われているだけでも他の色のパワーを打ち消してしまう可能性があります。

 

金運アップ財布!素材はなにが良い?

あなたが気にしているのは、お財布の色だけですか?

実はその素材にも大きなポイントがあります。


 

牛革

金運アップに良いとされる本革のなかでも、牛革は貯蓄や豊富さのあらわれとされ、金運アップが期待できます。

お値段的にもそこまで高くないので、手触りや匂いが気にならなければ使ってみると良いですよ。

 

蛇革

金運といえば蛇のイメージですよね。

蛇は運気をあげるとされ、人脈やビジネスチャンスが舞い込んでくるともいわれます。

とくに白蛇は縁起が良いとされ、人気が高いです。

 

鰐(ワニ)革

蛇に続いて人気なのが鰐革の財布です。

こちらも対人関係や財を得るのに良いとされ、その丈夫さから“財が長持ちする”ともいわれています。

 

Sponsored Links




 

金運アップの財布には中身にこんな工夫を!

さて、財布の外側に関してはわかりましたが、中身はどんなでも良いのか?

近頃は内側のデザインに凝った財布も多くあり、何もしなくても何らかの工夫がされている場合もありますよね。

ここでは、「こうすれば財布に好かれる=お金に好かれる♪」という

自分でする工夫・方法をご紹介します。


 

買う日や使い始める日に縁担ぎ

金運の良い日や吉日に購入して使い始めると、金運がアップするといわれています。

一般的には、寅の日大安月の満ち欠けなどを気にすると良いとされています。

>新しい財布の使い始め!どんな日が良い?

 

財布を寝かせる

これもよく言われますが、使う前に“財布を寝かせて金運を養う”という考えです。

あらかじめお札を入れておいたり、塩で清めたりします。

 

カード類や小銭は分けて入れる

素材に本革が良いといいましたが、お金と金属は本来相反するものです。(金属=小銭)

お札の方が価値が高いということで、お札と小銭でお財布を分けて使うと金運アップにつながるとされています。

 

種銭を入れておく

お財布を使い始めるまでに、準備しておくと良いとされるのが種銭です。

自分のお金の核となるお金で、基本的に新札の1万円札をお財布の使わないところに入れておくことが多いです。

 

Sponsored Links




 

金運アップの財布にする為に!財布はこう扱うべし!

さいごにお財布の扱い方のポイントを紹介しておきます。

気に入ったお財布を選び、中身の工夫が済めば、そのあとはこうして使ってあげると金運を上げてくれますよ。

 

基本 CMYK カバンに入れっぱなしはNG

帰宅してもカバンにしまいっぱなしになっていませんか?

金運に良いとされる、北や西の水気や火気のない場所を決めておき、帰宅したらお財布を出しておきましょう。

月のパワーも運気に良いとされるので、満月の日には窓辺においておくのも良いですね。

 

 

基本 CMYK お札は揃えてしまう

金額に関係なく、お札の向きを揃えてしまうのが金運アップに良いとされます。

要は大切に扱おうという気づかいです。

 

 

基本 CMYK レシートの入れっぱなしはNG

レシートやポイントカードなどが入れっぱなしにしていませんか?

ぐしゃぐしゃに入って折れ曲がっているなんてもう最悪です。

お金意外は極力入れないように心がけ、帰ったら取り出すようにしましょう。

 

 

基本 CMYK 何よりも大事なのは大切に扱うこと

「財布=お金の居場所」なので、大切に扱うことが何より1番重要。

  • 折りたたみよりも長財布
  • お札と小銭は財布を分ける
  • 汚れないように気をつける
など、大切に扱ってあげることで金運アップに繋がります。

お金じたいも大切に扱わなければいけませんが、お財布の扱いが乱暴になっていては意味がありませんよ。

 

 

金運アップ財布にするには気持ちが大切

あくまで金運をあげるために必要なのは「気持ち」です。

金運アップとされる財布を選び、金運アップとされる縁起物を入れたらそれで良いというわけではなく、「お財布やお金に対して敬意を払う気持ち」が大切なのです。

無理に「こうでなければならない」と考えず、自分に出来る範囲で「大切に扱う」ことを忘れないでくださいね。

今のあなたにピッタリな、素敵なお財布とぜひ出会ってくださいね。

お財布との出会いもご縁ですから♪

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ