すっぴん風メイクのやり方!わかりやすく解説&透明感を出すコツも♪

やっぱりナチュラルが一番!!

若くてもオバちゃんでも、ガッツリ化粧は印象が悪いっ!

そんな持論を持つ私。

 

化粧をしたら綺麗になる、というのは昔の話。

今は、いかに自然に見せられるかっていうところが大切!

特に、男性ってすっぴんに近いメイクの方が好きって言う人多いんですよ。

というわけで、

「すっぴん風に仕上げるメイク方法」を部位別に詳しくご紹介しますね(*^^)v

Sponsored Links




 

すっぴん風に仕上げるメイクのやり方とは!

まず、すっぴん風のメイク方法として一番大切なのが、「素肌美」をどこまで出せるかです。

ここでは、各ポイントごとにメイク方法をご紹介します。

 

【眉】

すっぴん風メイクの代名詞。それは「自然な太眉」です。

なので、奇抜な形に剃ったり、抜いたりするのはNG。

あくまで地毛を大切に、柔らかくカットしておきましょう。



また、ペンシルタイプを使うより、パウダータイプの方が自然な眉を作れます

出来ればブラックではなく、ナチュラルブラウンなどのブラウン系の色をつけてあげるといいですね。

書く量が多いと、すっぴんメイクから離れていってしまうので要注意ですよ。

 

 

【アイメイク】

アイメイクをしないのもありだと思いますが、気になる人は、少し手を加えるくらいで。

と、いうのもアイメイクをばっちりしてしまうと、いかにも「化粧しています!」という印象になりがち。



以下のことに気をつけて。

1. 色味は、清潔感を出すために顔なじみの良いベージュかブラウン系がGood。

2. アイラインはアイライナーを使わないで、アイシャドウの濃い目のブラウンを使うのがよいでしょう。日本人は黒よりも少し茶が強い方がナチュラルに見えるんです。

3. アイラインは上まつげ部分のみがよいでしょう。下まつげもつけると、ちょっと化粧が濃く見えちゃいます。

4. マスカラは無しで、ビューラーでカールするだけが自然に見えます。くりんとした目元になって、マスカラなしでも十分可愛らしくなれます。

 

 

【顔全体(ファンデーション)】

すっぴんメイクで最重要なのがファンデーション。

とは言っても、ファンデーションは厚塗りしちゃダメ。

ナチュラルに仕上げるにはベースが大切になってきます。

しっかりと化粧水で保湿して、乳液で閉じ込めます。

肌がたっぷり潤ったら、色つきの下地で整えます。



ここでポイント!

選ぶ時は、顔色であわせるのではなく、首筋に合う色を選びましょう。

首筋と色味が合うものの方が自然な肌に見えるんです。

下地を塗ったら、ファンデーションを薄く塗るか、白粉をはたけばOK。

個人的には、少しラメの入った白粉が陽の光にあたった時に肌にきらめきを与えてくれてオススメです♪

 

 

【チーク&リップ】

チークとリップは塗りすぎてもダメだし、塗らないと顔色が悪く見えてしまうので、ほんのりと色がつく程度のものをチョイスしましょう。

チークは、頬骨のあたりから耳に水平にブラシを入れてみて。顔色が明るくなります。色はピンクベージュ系が肌に馴染むのでオススメです。



リップは、マットなリップか無色のリップクリームでケアするだけでも良いでしょう。

色味を出したいときは、少し赤みのある口紅を塗った後に、ティッシュで軽く押さえるのが丁度良いでしょう。

また、リップグロスで自然なぷっくら唇を目指してみても可愛らしい♪

 

Sponsored Links




 

あると便利♪すっぴんメイクアイテム

すっぴん風のメイクをするには、それなりにメイクアイテムも必要!

というわけで、何があると便利なのかを紹介していきますね。

 

check-t01ファンデーションブラシ

【楽天リンク】
ファンデーション付属のスポンジで塗るのもいいけど、ファンデーションブラシの方が満遍なく塗れて、均一感&ナチュラル感が出るので便利。

しっかり毛穴もカバーしてくれるので、一本は持っていたい。

 

 

check-t01ホワイトのフェイスカラー

目元に薄く塗って、印象を明るくできるので便利。

クマが気になる人もコンシーラー+フェイスカラーで自然な肌を目指せます。

 

 

check-t01プレ化粧水

化粧水をつける前に、導入するのがプレ化粧水。
化粧水が肌に馴染みやすくなるので、化粧のノリがよくなります。

精製水で代用するのも良しです。

 

 

透明感を出す為のちょっとしたコツ♪

すっぴんメイクで出していきたいのが「透明感」。

薄づきで透明感のあるメイクには、いくつかポイントがあります。

089690

1.メイク前の保湿を徹底

肌に沢山潤いを与えてあげることで、素肌の綺麗さを保ちます。

 

2.化粧下地を念入りにする

化粧下地を念入りに塗ることで、厚さではなく、自然な肌を極めましょう。

そのため、下地は肌に合う色を選ぶ必要があります。

また、色が薄めなタイプの下地もあるので、より素肌に近いものを選びたい人は選ぶのもありでしょう。

 

3.ファンデーションはちょっと明るめに

自分の肌よりも、少しだけ明るめのファンデーションにすると素肌感が増します。

ただ、注意が必要なのが明るすぎのものはNGということ。

顔だけが浮いて見えちゃいます。ちゃんと肌に重ねてみて選びましょうね。

 

4・フェイスパウダーで仕上げる

最後の仕上げにフェイスパウダーを軽くはたくだけで、透明度が増します。

わたしは、ファンデーションは塗らずに下地+フェイスパウダーですが、いい意味で、すっぴん風メイクが仕上がります。

これも、首筋の色味と合わせてフェイスパウダーの色を選ぶとよいでしょう。

 

5.ハイライトで透明感をアップさせる

はたきすぎは白光りしてしまうので注意ですが、目元など薄くつけると顔色が明るく見え、透明度が増します♪

 

 

最後に

やたらと男性受けする「すっぴんメイク」♪

男性陣の要望としては、化粧はして欲しいけど、ゴテゴテしたのは嫌なんだそうですよ。

上記を参考に、素肌を綺麗に見せる「すっぴんメイク」に挑戦してみてくださいね(o^―^o)

 

Sponsored Links




 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ