子供の姿勢矯正の必要性!矯正方法の色々もご紹介!

「姿勢が悪いっ( ̄‥ ̄)=3!」

猫背になってるよ!」

と、何度言っても聞き入れてくれない我が子(-_-;)

まぁ、大人になったら気づくだろうから、放置しておけば良いかなぁ~・・・と、ちょっと諦めモードの今日この頃。

でもね、調べてみると、子供の頃の姿勢ってめちゃめちゃ大切なことがわかったので、

これはシェアしておかなくちゃ!!と、記事をしたためています。

Sponsored Links




 

やっぱり必要なんだ!子供の姿勢矯正★

母として、絶対に諦めるワケにはいかないわ(`•ω•´๑)

 

子供の姿勢矯正は、とっても大切!その理由とは

たかが姿勢、されど姿勢。

子供にとっては苦痛に感じることかもしれませんが、子供のウチに姿勢を矯正しておくことはとっても大事。

大人でも、背筋を伸ばし、胸を張って立つ姿勢というのは、やはり誠実さや自信がある様に見えますよね。

ここでは、子供の頃に姿勢を正しておく(矯正しておく)メリットをご紹介します。

 

姿勢を正せば視野が広がる!矯正するメリット

020087

163331 姿勢改善

言わずもがな、矯正することで姿勢が改善されますね。

姿勢がよくなることで、少し背が伸びた気になりますね♪

 

163331 集中力の向上

姿勢が悪いと、呼吸パターンも悪くなります。

実際に猫背の子は、脳へ送られる血液量が姿勢が正しい子より30%も低下することが分かっています。

姿勢を正すことで、そうした血液量の供給も正常になり、集中力が向上します。

 

163331 体の柔軟性向上

姿勢が悪いと、背骨回りの筋肉もそのまま凝り固まってしまいます。

矯正してあげることで、柔らかい筋肉を保って血流がよくなります。

 

163331 運動能力の向上

姿勢を悪くしていると、筋肉や血管が圧迫されてしまって体に負担がかかります。

姿勢がよくなると、圧迫していた筋肉が動くようになり、運動能力の向上や、血管の血流がスムーズになります。

 

163331 将来の肩こり腰痛予防

姿勢の悪い子の肩への負担というのは、重さにして5kgと言われています。

このまま悪い姿勢を続けていると、大人になったら10kg?・・いやそれ以上?を慢性的に背負うことに(><)!

 

子供のうちに矯正をする必要があるのは、柔軟性のある時期だからです。

今のうちにきちんと矯正することで、子供の将来に大きな影響を与えるかもしれませんね。

Sponsored Links




 

子供の姿勢矯正方法のいろいろ

それでは、色々ある矯正グッズや矯正方法から、いくつかご紹介しますね♪

その子にあった方法を選んであげたいですね(..◜ᴗ◝..)

 

check-t07 MTG Style Kids(スタイルキッズ)
腰回り+ヒップ+太ももの三箇所を包み込む形状をしている座椅子です。

座わっても、水平でしっかり立った骨盤を維持できます。

短い使用頻度でも「姿勢が良くなったね」と言われた使用者もいるそうですよ。

この商品のいいところは、大人用と子供用(推奨身長:100〜130 cm)の両方があるということ。

家族でお揃いの座椅子にすると、インテリア的にもオシャレな印象になりそう♪

 

 

check-t07 ピーンと背筋ベルト Sタイプ
猫背矯正ベルトです。

Sタイプが子供に丁度良いサイズで展開されています。

お手頃価格なので、気軽に試せそうなのもポイントですね。

 

 

check-t07 背筋がGUUUN 座椅子 コンパクト
「子供にもキレイな姿勢で座ってほしい」そんな願いが込められて作られたのが、この座椅子。

以前は大人用だけでしたが、子供用の展開が始まったので、コチラも一押し♪

後ろ向きにも使用できるので、子供も飽きずに楽しく使ってくれそうですね。

 

 

check-t07 じっくり治したいなら、整体に通うのも手

なのですが、整体院での姿勢矯正費用は、結構お高い・・・・・・。

大体、平均的に見ても約5万円前後かかります\(◎o◎)/!

基本的に整体院は保険適用外なので仕方ないのですが。

姿勢矯正・改善を掲げている整体院も多数あり、1回の施術料金は5000円前後に設定されているところが多いです。

期間と施術回数は大体2〜3ヶ月かけて10回前後というところでしょうか。

 

 

check-t07 お金をかけずに気軽に出来る!猫背解消体操

お金をかけずに改善したいならコレ!猫背解消のための体操です。

が、親にもお子様にも持久力が必要です(;^ω^)

猫背解消体操の例を1つ載せておきますね!

 

① 椅子に座ったまま背中を丸め、首を下に向けた状態にします。

② 「1.2.3.4」とカウントしながら背中をゆっくり反らします。

この時、首も一緒に反らすといいですよ。

グーッと力を入れるのではなく、自然に動く範囲で気持ちよく伸ばしましょう。

③ 「5.6.7.8」で背中を丸めた状態に戻る。

これを1回5セットずつやるというもの。

 

最後に

いかがでしたか?

たかが姿勢で、そんなに影響あるの?って、私は少し驚きでした。

今までは、つい口うるさく注意するだけだったのですが、

そうではなく、子供と一度「姿勢について」楽しく話す機会を作ればいいのかなぁ~と思いました。

「姿勢が良いと、こんな良いかとがあって、、、

姿勢が悪いと、こんな残念なことがあるんだよ~」って、

ここに書いたことを、もっと噛み砕いてわかりやすく話してあげれば、子供だってある程度は理解してくれそうですよね(o^―^o)

親が注意する意味がわかれば、子供も素直に受け入れてくれるかもしれません♪

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ