薄口醤油と濃口醤油の違い!正しい使い分けとは!

で、結局のところ、薄口醤油と濃口醤油って何が違うの?

の違い?

の違い?

スーパーの醤油コーナーで、未だに悩む私。

(主婦歴7年→料理は苦手^^;)。

 

醤油の「うすくち」と「こいくち」って、みんな上手く使い分けてるのかなぁ?

見た目の色の違いはなんとなくわかるんだけど、味に違いがあるのでしょうか?

そろそろ知ってなきゃ恥ずかしいなぁ・・と思い、今回バッチリ調べてみましたよ(*^^)v

Sponsored Links




 

薄口醤油と濃口醤油の違いとは

それぞれの特徴を挙げてご紹介しますね♪

 

215636【濃口醤油】

実は、日本で作られている醤油の80%以上が「こいくちしょうゆ」。

塩分:約16%

こいくちしょうゆの麹は、大豆、脱脂加工大豆を蒸したものに、等量の炒って砕いた小麦粉を混ぜて作ります。

濃い色味が特徴的で、味・香りともに強いです。

関東を中心に広く使われていて、用途としては、”つけたり、かけたり”と卓上で使ったり、

煮物、焼物、だしなど調理用にもどちらも使えます。

 

 

215636【薄口・淡口】

しょうゆ生産量の13%を占めるのが「うすくちしょうゆ」。

塩分:18~19% (濃口醤油より少し高いのが特徴

あれ?「うすくち」なのに???

実は「うすくち」というのは、「色が薄い・淡い」という意味で使われているだけなんだって(;^ω^)

塩分が薄いから「うすくち」ではないんだね。

薄口醤油の色が薄いのは、高い濃度の食塩で発酵、熟成を抑えて、醸造期間を短くしているからなんです。

それに加えて、醸造過程の仕上げに甘酒や水あめを加えるので、若干旨みを抑えた状態になります。

素材の味や色味を生かして、だしの風味を効かせる料理にピッタリなんだって!!

 

Sponsored Links




 

薄口醤油と濃口醤油の上手な使い分けとは!

上で勉強した違いを元に、上手な使い分け方を紹介しますね♪

 

215636【濃口しょうゆ】

濃口醤油が合う料理は、濃い色と味を生かして、生臭みのある青魚や、肉など、コクを出したいものが最適とされています。

煮料理ならば、ぶり大根、さばの煮つけ豚の角煮佃煮関東風おでん

炒め料理なら、和風チャーハンに使うのがよいですね。

かけたり、つけたりする料理ならば、鰹のたたき、焼きなす、冷やっこなどで使うのもGOOD♪

 

 

215636【薄口しょうゆ】

薄口醤油が合う料理は、素材の味や色を生かした、さっぱりするもの。

煮料理なら、かぼちゃのそぼろ煮里芋の含め煮炊き込みご飯や、たこ飯まつたけのお吸物などの、味がしっかりつくけれど、薄い色合いのもの

焼いたり、蒸したりする料理ならば、だし巻き玉子茶碗蒸しなど。

また、カルパッチョマリネなども、うすくちしょうゆでの味付けがピッタリですよ♪

 

で、当然のことだけど、念のため書き添えますが・・・

それぞれの醤油を持ち合わせていないからと言って、

⇒こいくちしょうゆを薄めても、うすくちしょうゆにはなりません( ;∀;)

⇒うすくちしょうゆを、こいくちしょうゆにすることもできません。

 

「濃口醤油」と、「薄口醤油」は味も香りも異なります。

試してみるとわかるのですが、濃口しょうゆを、薄口しょうゆの色に合わせて調理すると、うま味がなくなって水っぽい味付けになります。

それぞれ完全に別の醤油だと認識して、その特徴に合った使い分けが大事なんですね(..◜ᴗ◝..)

 

最後に

我が家はいつも「うすくち」派。

というのも、実家がそうだったので疑問も抱かずに使い続けてきました。

が、

これを機に、薄口醤油と濃口醤油を見事に使いこなして、今更ながら”出来る主婦”を目指そうかと(9`・ω・)9

これだけでは”出来る主婦”とは言えないことは重々わかっておりますが、、、

まずは、濃口醤油を買いに行ってきま~す!

((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* – -)ノ

 

Sponsored Links




 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ