お悔みの言葉!友達の親が亡くなった場合の心配り!【文例】

475f
 

どう声をかければいいのだろう・・・

年を追うごとに、お友達の親のお通夜・お葬式への参列が増えてきます。

友達の親が亡くなったとき、どう声をかけていいものか……

正直、いつも悩みますし、良い言葉が見付かりません。

 

形式ばったお悔やみの言葉も大切なのはわかるけど、

友達だからこそ、言葉を選んで声をかけてあげたいでしょ。

そんな時、どんな風に声をかけるべきなのか?

この機会に調べてみましたので、まとめておきますね。

Sponsored Links




 

友達にかけるお悔みの言葉!文例を紹介

友達だからこそ、堅苦しい挨拶ではなくて、心のこもった言葉を。

そう思えば思うほど、見つからなくなる「お悔みの言葉」。

 

一般的なお悔やみの言葉は形式ばったものが多く、

「ご愁傷様です」をよく使うと思います。

けれど、友達に対して言ってしまうと、

何となくよそよそしいと感じがしてしまう。

 

もし、かける言葉が見つからないといった場合、

次のような文例を参考にしてみては?

 
  • 「こういう場合、なんて言って良いのか分からないけど……
大変だったね。何か出来ることがあったら、言ってね」

 
  • 「大変だったね。つらい時に力になれなくてごめんね。
何か私(僕)にできることがあれば、何でもするよ。」

 
  • 「辛かったね。
体調を崩さないように、何かあったらいつでも言ってね」

 

相手の状況にもよりますが、

大切なのは友達の気持ちを汲んであげること。

 
  • 「辛かったね」
  • 「大変だったね」
  • 「突然で寂しくなるね」
 

など、当人が声に出して言えない気持ちを共有する言葉というのは、

とても強い支えになります。

 

また、手伝いたいと思う場合は、

「手伝いが必要なときは、遠慮なく声をかけてね!」

「寂しいときは、いつでも電話してね!」など、

友達が一人じゃないんだと思えるような言葉をかけてあげて。

 

ただ、ちょっと注意したいのは、次の言葉。

死ぬ、死去 ⇒ 「ご逝去」「ご永眠」

生きる、生きている時 ⇒「元気な時」「生前(せいぜん)」

親しき仲にも礼儀あり、なので注意して使うようにしましょう。

 

お通夜・葬儀に出席されるなら、こちらもご確認ください。

 

お香典の相場金額・書き方★知らなきゃ恥ずかしい葬式マナー

袱紗(ふくさ)の色!結婚式とお葬式の違いと包み方!

 

Sponsored Links




 

メールや手紙を送る際のお悔みの言葉【文例】

通夜や葬式に参列できない場合は、

メールや手紙でのやりとりをすることもあるでしょう。

文字にすると、硬い感じになってしまいがち

 

友達に送る言葉なら、少し砕けても大丈夫ですし、

むしろその方が、気持ちが伝わる場合も多いです。

いくつか例を挙げるので、参考にしてみてください。

 
      • 「大変だったね。○○は大丈夫?いろいろ忙しくなるだろうけど、身体に気をつけてね。わたし(僕)に出来ることがあったら、遠慮せずに言ってね。」
 
      • 「大変だったね。今は本当につらいと思うけど、頑張って欲しい。落ち着いたら連絡ください。」
 
      • 「この度はご愁傷様でした。大変な時にわざわざ連絡してくれてありがとう。疲れが出ないように。くれぐれも体調には気をつけてね。」
 
      • 「ご愁傷様でした。○○さん(亡くなったお母さん、お父さん)に挨拶させて貰いたいから、葬儀の日程を教えてね。手伝えることがあったら、なんでも言ってね。」
 
      • 「ご愁傷様でした。○○は大丈夫?何かあればお手伝いさせて頂きたいので遠慮なく言ってね。今は気持ちの整理も難しいだろうけど、、お母さん(お父さん)を支えてあげてね。」
 

などなど、

相手が大変で、返事を返せなくても大丈夫なように気遣いを忘れずに。

 

あと、いくら友達だからとは言え、砕け過ぎた文面は反感を買います。

「人の気持ちも知らないで…」と、余計悲しい気持ちにさせてしまう可能性もあるので、配慮が必要です。

 

 

最後に

弔事というのは突然やってくるもので、当事者も気持ちの整理がついていないことが多いです。

だからこそ、必要なのは多くの言葉ではありません。

控えめで暖かい言葉、そして、そっと側にいてあげるだけでもいいのです。

いつも通りというわけにはいきませんが、相手のことを思って言葉を選んであげてくださいね(..◜ᴗ◝..)

 

Sponsored Links



コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ