緑茶の効能【肌への効果】ペットボトルではダメな理由!

緑茶の効能、甘くみてない?

すごいよ!!

これ知ったら毎日5杯は飲むね・・・緑茶♪

特に「年齢肌」には欠かせないのよ!!

 

飲むのと飲まないとでは大違い★

そんな緑茶の肌への効能についてまとめてみました。

Sponsored Links


 

 

緑茶!肌への驚くべき効能とは

 

252873 肌年齢に効果アリ

とある健康番組で緑茶を1日5杯以上飲んでいる人は、肌年齢が平均で10歳若いということが実証されました。

緑茶を毎日コーヒーカップ5杯程度飲んでいる人は、実年齢よりも13歳も肌年齢が若かったそう(◎o◎)!

これは緑茶に含まれるポリフェノールが、老化した細胞を活性化させて、皮膚の再生を促進させているからだと考えられています。

皮膚細胞の活性によって、弾力ある若々しい肌を保つことができるんですね♪

 

 

252873  紫外線の中和効果アリ

強い日差しによる日焼けは肌の大敵。

そんな強い紫外線に緑茶は対抗できるんです!

とある大学で行われた実験で、緑茶を体に塗って日焼けをしたところ、肌を守ることに成功したそうで、科学的にも立証されました。

緑茶は肌につけても問題はないので、紫外線を防ぐ方法の一つとして、緑茶配合の日焼け止めが、これから出てくるかもしれませんね(o^―^o)

 

 

252873 アンチエイジングにも効果アリ

緑茶に含まれるビタミンには、アンチエイジング効果が!!

ビタミンAは皮膚粘膜を正常に保つ働きがあり、ビタミンEには老化の大敵である活性酸素を抑えてくれる抗酸化効果が。

そうしたことを考えると、緑茶は肌の老化の力強い味方になってくれそうです♪

 

Sponsored Links


 

252873 ニキビや美白に効果アリ

緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果があって、ホルモンの活動を抑えてくれます。

緑茶に含まれるビタミンCは、熱に強く80度でも壊れないうえに、保存にもすぐれた特性があります。

そのビタミンCの量は、緑茶3杯でりんご1個のビタミンCに匹敵するほどなんです!!

りんごを毎日1個摂取するよりは、緑茶の方が簡単じゃない(..◜ᴗ◝..)?

 

 

緑茶の効果を最大限に生かす飲み方とは!

緑茶には、美容効果のある成分が沢山詰まっていることを確認しましたが、

実は”飲み方”に注意が必要なんです。

「緑茶は毎日ペットボトル一本飲んでいるから大丈夫!」

と思っている人、要注意ですよ!!

 

ペットボトルの緑茶は、品質保持や味を調整するための添加物が入っていることもありますし、何しろ使われている茶葉の量が少ない!!

よって、カテキン・テアニン・カフェイン・ビタミンCの量が少ないそうです。
では、どうやって緑茶を飲むのがよいのか。

それは、ずばり「急須でお茶を淹れる」ことです。

 
  • 煎茶は80~90度
  • 上煎茶なら70度
  • 玉露は50~60度
で淹れると、緑茶の味や香りも生きてきますし、

きちんと茶葉にあった温度でお茶を淹れることで、良い成分を効率良く摂取できるのです。

 

今までペットボトルで緑茶を取っていた人も、1日1回でもいいので急須でお茶を淹れてみてはいかがでしょうか。

面倒に感じるかもしれませんが、「美は努力!」「美は一日にしてならず」です!

と言いつつ、面倒くさがりやの私は、早速コレの購入を決めました(;’∀’)

 
使い勝手、感想は、使ってみてまた追記しますね♪

 

 

最後に

緑茶が体に良いということは、なんとなく知ってはいたけれど・・・

お肌への効果だけで、これだけあるとはビックリです。

そういえば、最近では外国でも緑茶が流行し出しているとテレビで見ました。

せっかく日本人に生まれたのだから、上手に緑茶を飲んで若々しい肌をキープしたいですね(*˘︶˘*)

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ