袱紗(ふくさ)の色!結婚式とお葬式の違いと包み方!

きちんと使い分け出来てる?

袱紗(ふくさ)は用途でが変わるんだって!

つまり、結婚式とお葬式では、色も包み方も違う!!

 

おぉっと~!

今まで色も気にせず、適当に包んできたよ~Σ(|||▽||| )

という、あなた☆彡

 

そして、これから袱紗を購入しようとしているあなたの為に、

今回は、【結婚式・お葬式別】袱紗(ふくさ)の色&包み方について

ガッツリと調べさせて頂きました♪

Sponsored Links


 

 

袱紗(ふくさ) の色と種類

まずは、袱紗の種類をみていきましょう。

袱紗は、開くと正方形をしています。

 
  • 金封が外れないように、一方の端にとめ爪がついているものがあり、これを「爪付き袱紗」と言います。
tumefukusa
出典:http://koshidou.com/

 
  • 内側に金封をとめる台のついているものは「台付き袱紗」。
daifukusa
出典:https://www.lemail.jp/

 
  • 最近では、包む手間を省いた封筒形の「金封袱紗」も。
9867
出典:http://store.ikeda8.com/

 

一般的にはこの三種類です。

どれを使っても間違いはありませんが、袱紗は「お祝い金」「お悔やみ金」を汚さないようにと相手を思いやる気持ちの一つです。

大人のマナーとして、金封を包む際は袱紗を使うように心がけましょうね♪

どうしても袱紗がないという場合は、小さな風呂敷やハンカチ(あまり華美ではないもの)で代用してもOKです。

 

次に袱紗の色の違いについて。

袱紗は、使い道によって色を選びます。

要は、「慶事」なのか、「弔辞」なのか・・ということ。

 

慶事では、赤やピンク、オレンジ、藤色、桃色、えんじ色、金色などの暖色系の色味の袱紗を使用します。

これに対して、弔事では紺や緑、深緑、灰緑、うぐいす色、灰青色、グレーといった寒色系の袱紗を使用します。

ただ一つ例外があって、

「紫」は慶事と弔事、両方で使えるので一つ持っておくなら「紫」が便利です。

 

Sponsored Links


 

 

袱紗(ふくさ)の包み方【結婚式・お葬式別】

色だけでなく、包み方も「慶事」か「弔辞」かによって違ってきます。

 

【お祝い金を持参する場合の包み方・慶事用】

tutumikata

出典:https://www.pasona.co.jp/

1.袱紗を開いて、上下左右に角が来るようにおきます。祝儀袋は、袱紗の中央よりも、左の方へ寄せておきましょう。

2.左側の角を中に折り込みます。

3.上の角を折りたたみ、次に下を折りたたみます。(祝儀袋を包むように)

4.右側を折って、そのまま裏へ折り返して完成です。(左の上下に小さく三角形ができたらOK)

 

【お悔やみ金を持参する場合の包み方・弔辞用】

tyouji

出典:http://allabout.co.jp/

1.袱紗を開いて、上下左右に角が来るようにおきます。不祝儀袋は、袱紗中央よりも、右の方へ寄せておきましょう。

2.右側の角を中に折り込みます。

3.下の角を折りたたみ、次に上を折りたたみます。(不祝儀袋を包むように)

4.左側を折って、そのまま裏へ折り返して完成です。(右の上下に小さく三角形ができたらOK)

 

できましたか?

実は、慶事と弔辞では、袱紗の包み方が逆になるんです。

どちらか一方でも覚えておくと、包むときに迷いませんよ♪

 

最後に

冠婚葬祭に参加する際は、洋装でも和装でも袱紗って必要なんです。

色を使い分けるのが面倒・・・

包むのが面倒・・どうせ出して渡すんだし。

と感じていても、

そんな小さなマナーが、その人の人となりを現すものです。

これを機に、「袱紗」をしっかりと使い分けてみましょう(..◜ᴗ◝..)

 

Sponsored Links


 

One Response to “袱紗(ふくさ)の色!結婚式とお葬式の違いと包み方!”

  1. […] ⇒袱紗(ふくさ)の色!結婚式とお葬式の違いと包み方! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ