クリスマスのお菓子!世界ではこんなお菓子が食べられている♪

クリスマスにあま~いお菓子は付き物?!

日本でもチキンとケーキはハズせないでしょ(o^―^o)

 

世界では、クリスマスにしか食べれないお菓子が存在するんだよね!

クリスマス限定だよ★

気になるよね~♪♪♪

 

今回は、世界で愛されているクリスマスのお菓子について調べてみたよ!

あなたのクリスマスパーティーにも採用してみてはいかが?

話も弾むかも(..◜ᴗ◝..)♪

Sponsored Links


 

世界で愛されているクリスマスのお菓子とは!

世界で食べられているクリスマスのお菓子★

代表的なモノを10個紹介するね!

 

 077457  シュトレン

tunnel-448590_640

ドイツのパンで、クリスマスの当日まで、少しずつスライスして食べていくのがシュトレン。

粉砂糖がたっぷりかかったパンは、レーズンやレモン・オレンジピールを生地に練りこんで焼き上げられています。

薄くスライスして食べますが、一切れで満足できるほど濃密なパンで、日持ちするので、ちょっとしたおみやげとしても喜ばれそう♪

 

 

077457 ボーロ・レイ

bolorei出典:http://ameblo.jp/receita/

リースのようにも見えるボーロレイは、ポルトガルのクリスマス伝統菓子です。

砂糖漬けの果物と小麦粉や砂糖、卵とワインで作られています。

王様のケーキと呼ばれていて、王冠を見立てているそうで、昔はボーロレイの中に金貨と豆を入れていたそうです。

なんとも、豪華な気分になれるお菓子ですね♪

 

 

077457  ドゥルセ・デ・レチェ

DulceDeLeche   ⇒ 3312437790_c86b97d981_m
出典:https://ja.wikipedia.org
photo credit: Rolled fondant cookies via photopin (license)

アルゼンチンのお菓子。

ドゥルセ・デ・レチェはスペイン語なのですが、ドゥルセ=甘い、レチェ=ミルクの意味があります。

ミルクと砂糖を焦がさないように煮詰めたスイーツ。

砂糖は煮詰るとキャラメル状になるので、ちょっと茶色く、冷ますとキャンディーのようになるんです。

カメの画像のように、デコレーションとして使われるようですね。

ミルクと砂糖の濃厚なハーモニーが楽しめる、あま~いクリスマススイーツなんです♪

 

 

077457 ビナールテルタ

Binaruteruta出典:http://karapaia.livedoor.biz

アイスランドの伝統菓子で、お店や家庭の味を大切にしたプルーンのタルト。

プルーンジャムとスポンジを何層にも重ねて作るのですが、タルトというよりもケーキに近い見た目になります。

長期保存が可能なので、一年中楽しめるのですが、主にクリスマスのときに作られることの多いお菓子なんですって♪

 

Sponsored Links


 

077457  レープクーヘン

3139523782_1d3f21a4b5_m
photo credit: Christmas Cookie Plate via photopin (license)

ドイツのクッキーであるレープクーヘン。

少し大きめな円形や四角形のクッキーで、中世の時代から作られているお菓子なんです。

ニュルンベルクのものがオリジナルですが、中にはハチミツたっぷりの生地にシナモンやコリアンダーなどの香辛料が入ったものや、丸く平たい形でアイシングやチョコレートコーティングされているものなど様々あります。

また、このレープクーヘンでお菓子の家を作ることもできるんですよ☆

 

 

077457  パンドーロ
【楽天リンク】


イタリアのヴェローナの銘菓が、パンドーロです。

星型になっていてクリスマスの時期に作られます。

卵とバターをたっぷりと使うので、柔らかく黄金色の生地が特徴的です。

ただ、本場のモノは、高さ30センチ、直径30センチほどのビッグサイズなので大人数で食べるのが良さそう♪

特にクリーム等をつけて食べるのではなく、粉砂糖を「これでもか~!」というくらい振って食べるのだそうです(..◜ᴗ◝..)

 

 

077457  ヨウルトルットゥ

Joulutoruttu出典:http://humhug.net/

フィンランドでは、誰もが一度はお母さんと一緒に作ったことのあるお菓子がヨウルトルットゥ。

パイ生地を星形にし、プルーンジャムを乗せて・・・と、手軽に作れちゃいます。

ジャムは、色々アレンジが利きそうですが、フィンランド流でいくならプルーンが絶対みたいですよ♪

 

 

077457  メロマカロナ

256a44d1出典:http://blog.livedoor.jp/sevam_a/

ナッツやオレンジピー、香辛料が入ったハチミツクッキーで、ギリシャのクリスマス菓子の定番中の定番。

ハチミツの甘い香りと共に焼けるクッキーは、クリスマスの時期を知らせてくれるんですって。

家庭で作られることが多く、中でもミルクチョコでコーティングされたモノは、寒い冬に暖かい飲み物と一緒に食べるのが一番美味しいとか♪

 

 

077457 エーブレスキーバ

de121出典:http://lilong-cafe.com/

デンマークで伝統的なクリスマスのお菓子。

丸く焼いた生地は、まるで”たこ焼き”のよう!

仕上げにジャムと粉砂糖をかけて食べるんですが、熱々の”甘いたこ焼き”を食べているような感じだとか。

寒い国、デンマークならではのお菓子ですね♪

 

 

077457  ベイグリ

BEIGLI

お店で買うようりも家でお菓子を作ることの多い、ハンガリーのクリスマスお菓子がベイグリです。

クルミやケシの実を混ぜ込み、生地に乗せて、くるくるっと巻いて焼くお菓子。

出来上がりは、綺麗なうず巻状のロールになり、薄くスライスして食べます。

伝統的なベイグリには干しぶどうを入れるそうですが、お好みでアレンジして作る人も多いんだとか。

 

 

最後に

日本でも浸透しつつあるお菓子や、聞いたことも見たこともないお菓子などなど色々ありましたね♪

今はネットで買えたりするお菓子もあるし、

クック○ッドなど、レシピを紹介しているサイトもありますので、

世界のお菓子でクリスマスを楽しむのもいいですね(*˘︶˘*).。.:*♡

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ