カーテンのカビ取り方法!&カビを予防するには!!

カーテンに黒いポツポツ・・・

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

まさかのカビ!!

 

カーテンって大きいし、

替えのカーテンを持ってるわけでもないし、

洗濯にはそれなりの覚悟がいるのよねぇ~・・・

Sponsored Links


 

と思っていたら、

いつの間にか黒いポツポツが(--;

こんな経験は私だけではないはず!!

 

「奥さん、カーテン掃除していますか?」

ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!(; ̄□ ̄;)!

 

「そのカビ、もう手遅れです(--;」

となる前に、

カーテンについたカビを取る方法

予防策についてご紹介しますね^^

 

カーテンについたカビを取る方法

せっかくお部屋をキレイに片付けても、

カーテンにカビが生えて

ポツポツ黒い斑点がついたら台無し(><)!

 

カーテンって部屋の印象に

大きく影響するからねぇ。。。

もし発見したらすぐに手を打たなきゃね!!

 

じゃぁ、どうやってカビを取ったらよい?

 

まずは、カーテンを洗濯する方法から簡単にご説明。

(※洗濯機で洗えるカーテンの場合)

147736

1.カーテンフックをはずして、たたむ。

フックをはずして、小さくたたんで洗濯ネットに入れます。

カーテンの山に合わせて折った後に、

ネットに収まるように半分に折ります。

 

2.洗濯機の「デリケート機能」や「ドライ機能」などで洗う。

やさしく洗って、脱水時間の短いコースを選ぶのがポイント

液体酸素系漂白剤のワイドハイターEXパワーを

洗剤と一緒に入れて洗濯すると、汚れやくすみが落ちやすいよ^^

 

3.カーテンレールにかけて干す。

脱水後はそのままカーテンレールにかけて自然乾燥でOK!

 

こちらではもう少し詳しくお洗濯方法を紹介しています。

>>>カーテンの洗濯方法★洗い方と頻度のベストとは!

 

大抵のカビや汚れは洗濯すれば落ちます。

が、

これでも、黒いカビが残ってしまう場合は、

別工程が必要になってきます。

(下記に紹介しますね)

 

奥さん、おたくのカーテンは大丈夫(--;?

 

134395

次に、かなりしつこいカビの取り方をご紹介します。

※色落ちに注意しながらやってください。

 

1.カビのついたカーテンを陰干しして十分に乾燥させる。

 

2.乾燥したら、ブラシで払ってカビを落す。

 

3.カビの生えた側にタオルを当てます。

その裏から黒い部分を洗濯用洗剤液(アタックとかトップとか)を

つけたブラシでトントンたたいて叩き出します。

※擦っちゃダメですよ!

 

そうすると、カビがタオルの方に移ります。

タオルをずらして何度か叩き出します。

 

ある程度たたき出したら、

水で絞ったタオルで洗剤分を取り、

乾いたタオルで余分な水分をとってあげます。

 

4.酵素系の漂白剤でカビ菌を死滅させます(※色落ち注意!)。

漂白剤を水で薄めて、ブラシにつけて

カーテンのヒダの中の目立たない場所につけ

色が抜けるかテストします。

 

カーテンの色が目立つほど抜けなければ、

カビの黒い部分の裏側に乾いたタオルをあてます。

薄めた漂白剤をつけたブラシで叩き、

5分くらい置いてカビ菌を殺します。

 

その後で、水で絞ったタオルで漂白剤を抜いて水気を取ります。

もし、色が抜けそうなら、洗剤液のみでやめておきましょうね。

 

Sponsored Links


 

 

カーテンをカビから守る!予防方法

実はカーテンに発生するカビって

お風呂で見かける黒カビと同じ!

って知ってました?

 

Σ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

 

黒カビは水分が大好き。

梅雨の時期だけでなく、

冬場の部屋の内外の温度差で

窓の内側に結露ができるでしょ。

 

その結露がカーテンにベッタリになると要注意!

 

カビを予防するには、

カビの繁殖しにくい部屋にする必要があります。

そのために、日頃から出来ることを

いくつか紹介しておくね^^

 

check-t07 空気の通り道を確保

タンスや本棚の後ろなども実は湿気が溜まりやすい場所。

目につきにくい場所からカビって増えていくんですよね~。

そこに窓の結露がプラスされたら……(||゚Д゚)

 

カーテンが黒カビにやられちゃいます。

 

なので、壁と家具・家具同士は

少し間をあけて置くようにしよう!

暖かい空気を家具の裏側に流す

「空気の通り道」がポイント★

 

check-t07 カビの栄養源になる汚れやホコリを除去

結露が発生したら、

水滴をふき取るのは必須だけど、

カビの栄養源となる汚れやホコリを

早めに除去することも大切なの。

 

普段の掃除にプラスして

一週間に一回はカーテンレールの上を拭くようにしたり、

結露が出てきたら、

カーテンに触れないようにしてあげるだけでも効果が高いです!

 

危険度が高いのは、

カーテンの内側につけているレースカーテン。

 

場所的にリスクが高いだけでなく、

生地が薄いので結露で濡れやすく、

カビが生えやすいんだって~(><)

 

なので、レースのカーテンだけでも

年に数回、洗濯してあげると効果が期待できそう♪

 

カビが繁殖しやすいのは、

20℃以上だと言われているので、

室内温度を考えると、

年中しっかりと手入れしてあげることが

大切ってことだね^^;

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ