大学芋の由来&簡単揚げないレシピでカロリーダウン♪

いっぱいさつま芋を頂いたので、

久しぶりに「大学いも」でも作ってみようかなぁ~♪

 

でも「大学いも」ってカロリーが気になるんだよね・・・

よし!

今回は揚げない大学芋を作ってみよう♪

と、なったものの・・・

 

satumaimo

 

ん?

んんん?

(?-?)

 

大学芋の「大学」ってなんだ?

 

昔から「なんで大学なん?」って思ってたけど、

調べるまでには至らなかった^^;

 

知らなくても、ど~ってことのない雑学・・・

 

でもでも今はとっても知りたい!!

その由来がムショウに知りたいっ!!

 

ってわけで、大学芋の由来と

大学いもの簡単★揚げないレシピを一緒にご紹介します^^;

 

 

Sponsored Links



大学芋(いも)の由来

 

大学いもの由来には諸説あるそうで、

ここでは2つご紹介します!!

 

由来 その1

 

「大学いも」が誕生したのは大正初期。

それ以前には、飴をからめてゴマをかけるような

イモ菓子は存在しなかった!!

 

お~っ!!

これは素晴らしいアイデアだ!!

\(@^o^)/

 

ってことで、そのアイデアに敬意を示し

最高学府である「大学」という形容詞がついたという説★

 

由来 その2

 

こっちの説の方が有力なのですが、

 

当時、東京大学の近くのイモ屋が、

揚げたイモに蜜をつけて売ったところ

東京大学の学生さんに大ウケ!!

 

a0001_001850

 

誰かれともなく、「大学いも」という名前で

呼ばれはじめ、現在に至るとか。

 

という事は、「大学いも」の大学とは東大のことを指す

ってことになりますね^^

 

実際に、東京大学の近所には「三河屋」というイモ屋さんが

あったそうなので、これは信憑性が高そう♪

 

ただ残念なことに、この「三河屋」さんは

現在は存在しないのです o( _ _ )o ショボーン

 

 

Sponsored Links



簡単★ 揚げない大学いもレシピ

 

普通の「大学芋」は、さつまいもを油で揚げ、

砂糖飴をからめて煎りゴマをまぶして出来上がり♪

 

なのですが・・・

ただでさえ、砂糖(カラメル)をからめる訳ですから

カロリーが気になる(--;

その上、最初に揚げるなんてっ(><)

 

ダイエット中でなくても、気になります・・

でも大好きなんだぁ~♪

どうしても食べたいんだぁ~♪

 

そこで、今回は揚げない大学芋レシピをご紹介しますね^^

 

daigakuimo

 

 材料

 

さつま芋・・・中3個程度

砂糖(できれば黒糖)・・・大さじ6

醤油・・・大さじ3

酢・・・大さじ1

ごま油・・・大さじ3

ごま・・・適量(お好みで)

 

道具はフライパン1つだよ^^

 

手順

 

1.さつま芋はキレイに洗って、乱切り(or スティック)にします。

 

2.ごま以外の材料をすべてフライパンに投入

 

3.そのまま少し(2~3分)放置して、

さつま芋に焦げ目をつけていきます。

片面に焦げ目がついたら裏返してくださいね~。

 

4.砂糖は勝手に溶けて飴状になってきますので、

そのままからめていきます。

さつま芋に火が通ったらOK!

 

5.お皿に盛って、ごまを振りかければ完成♪

 

ポイント★

さつま芋を大きくカットしたい方は、

最初に少し電子レンジでチンしておいた方がいいですよ~。

フライパンだけでは、なかなか中まで火が通りにくいので。

 

簡単で失敗も少なく、なおかつお手軽ですぐに出来るので

おやつにも最適ですよ~^^

是非、作ってみてくださいね♪

 

で、「大学いもの由来」(雑学)とともに召し上がれ~

(^~^)~^)~^)^~^)゛ モグモグおいしっ★

 

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ