妊婦さんに市販の風邪薬は大丈夫?お薬以外の方法とは!

もちろん気をつけてるよっ(><)!

それでもダメな時はダメなのよね^^;

 

妊婦だから・・って、かな~り気をつけていても

風邪をひいちゃうことは当然ある^^

大丈夫!自分を責めないでね♪

 

ただ、早く治したいから、市販の風邪薬を・・・」

ってのは、ちょっと待って~Σo(*’ ‘*)o!!

Sponsored Links


 

焦らなくても大丈夫だから、

まずは、温かいものでも飲みながら

この記事を読んでみて~^^;

 

妊婦さんは市販の風邪薬を飲んでも大丈夫?

まず結論から・・・

やっぱりというか、想像通りというか、

妊婦さんが市販のお薬を飲むのはNGなの(_ _|||)

 

「コレ飲んだらすぐに治るのに(><)!」と思っても、

「市販の風邪薬は、病院で処方される

風邪薬より効き目が弱いから大丈夫でしょ!」と思っても、

やっぱり自己判断は危険なのです。

medium_3038530177
photo credit: Lady Pain (Marta Manso) via photopin cc

 

確かに、市販の風邪薬は病院で処方されるものよりも効き目は弱い。

含まれる成分も比較的安全なものが多い。

なので、それを飲んだからといって、

即、胎児に影響がある可能性が低いのは事実。

 

ただ、市販の風邪薬に含まれる、

熱を下げるための解熱剤

風邪による咳やくしゃみを抑える効果がある抗ヒスタミン剤

たくさん飲むと、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも!!

 

だから、ひきはじめの軽い風邪だからといって、

「市販の風邪薬で済ませちゃおう!」

なんてことはしないで欲しいのです。

 

風邪を引いたかな・・・と思ったら

必ず産婦人科に行って風邪薬を処方してもらおうね。

内科でも妊娠中であることを告げれば、

適したお薬を出してくれるよ^^

 

妊娠中に処方される風邪薬は、

総合感冒薬であるPL顆粒

熱がある場合はアセトアミノフェンが処方されたりします。

漢方薬を処方するところもあるでしょうね。

 

ここでまた、

「漢方薬も市販されてるから、

自分で薬局に行って買ってくればいいんでしょ!」

と、どうしても病院に行くのが面倒な人は思うかもだね^^;

 

Sponsored Links


 

でもね、漢方薬の中にも、お腹の中の赤ちゃんに

影響がある成分があったりするから、

やっぱり受診してお薬を貰う方が無難なんだよね。

 

病院に行くと待ち時間が長い・・とか、

病院が遠いとか、色んな事情はあるだろうと思うけど、

最悪、薬局で済ませる場合でも、薬剤師さんには必ず相談してね~!!

 

そして、もちろんお薬は大切だけど、

自分の自然治癒力を信じるのも大切★

次の章では、そんな自然治癒力を助ける方法を

いくつか紹介するので、是非試してみてね♪(゚▽^*)ノ⌒☆

 

お薬の他にもこんな方法はいかが?

できることなら、お薬に頼らず風邪を治したい。

もしくは、お薬を飲みつつも、

一刻も早く治したい方にオススメ!!

 

自然治癒力を高めて、治りを助けてくれる方法を

少しまとめてみましたよ^^

 

20130109_40441 体を温める飲み物や食べ物を摂取する!

妊娠中は、妊娠していないときに比べると

風邪をひきやすいうえに、免疫力も弱くなっています。

 

体が冷えていると、免疫力は低下する一方なので、

免疫力を上げるために、体を温める飲み物や

食べ物を摂取するように心がけてね^^

large__6949351973
photo credit: shutterbean via photopin cc

温かいスープや、玉子のおかゆ、野菜雑炊、

生姜や長ネギなどを入れたスープなんかもオススメ!

飲み物は、生姜湯や生姜紅茶なんかも風邪にGOOD★

 

20130109_40442 ゆっくりと眠って、とにかく体を休める!

妊娠中は体の免疫が落ちています。

なんでか知ってる?

ママの免疫が、赤ちゃんを攻撃しないように

わざと免疫を落としてるんだって( ̄0 ̄;)

 

スゴイよねぇ~♪

って感心してる場合ではなく、つまりはこんな原因もあって

 

風邪をひきやすく、治りにくかったりするんだって^^;

 

というわけで、とにかくゆっくりと眠って身体を休める!

そうすることで、弱っている免疫力を少しでも上げられる♪

お仕事や家事など、

「そんなに休めないよ~(><)」って人ほど、

思い切ってガッツリとお休みをいただきましょう!!

 

20130109_40443 ビタミンCが含まれている食品を摂取する!

妊娠中に限らず、風邪をひいたときは、

何と言っても野菜や果物などのビタミンCを含む食品

摂取するのが一番★

large__3793076040
photo credit: stepzh via photopin cc

ピーマンや、ブロッコリー、カリフラワー、イチゴなど

ビタミンCを多く含む食品はたくさんあるけれど、

簡単に摂取できて、身体も温められるて人気なのは

ホットレモンね^^

 

お湯の中にレモン果汁とはちみつを入れるだけで

簡単にできるのも嬉しい♪

個人的には、”はちみつ大根”もオススメなんだけど、

それについてはコチラで紹介済みです。 ↓

妊婦の風邪の治し方!赤ちゃんにもママにも安心な方法とは!

 

 

最後に

3度の妊娠・出産経験を元に管理人が思うこと。

風邪はひき始めの時点で、すみやかに産婦人科の先生に報告。

必要な場合はお薬を貰って、すぐに治してしまいましょう!!

 

どうせ軽い風邪だから・・・と侮っていると大変なこと(><)

私もしっかり経験済みですので、もう一度強く言わせて下さい★

妊娠中の風邪を軽くみないで!!

(※上に紹介した記事に経験談を述べています^^;)

 

お薬以外の方法として紹介したものも、本当に一般的なことで

よく知られていることなので、

「な~んだぁ~(--;」って、残念だった人もいると思う。

もっと画期的な方法を期待していたかもしれないね。

 

でもね、これって本当に大切なことなの。

素直に実行するのとしないのとでは大違い!!

 

妊娠中は普段の身体とは勝手が違うこと、

しっかり認識して行動してして欲しいのよ~・・・

それもこれも、お腹の赤ちゃんの為にね!

 

妊娠中も素敵な思い出を持っておいて欲しい((o(^∇^)o))

何より、ママも赤ちゃんも元気に対面を果たして欲しいからね♪

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ