妊婦さんの温泉入浴は大丈夫?良いの悪いの?さぁどっち?

妊婦に温泉はNGなの?

 

温泉の浴場に行くと「温泉の入り方」「効能表」などの中に

「妊娠中、特に妊娠初期と末期には入らないこと」

と書かれてあるのを見かけたことがありませんか?

 

これでてっきり「妊婦=温泉禁止」と解釈し、

妊娠期間中、頑なに温泉を我慢していた私(--;

Sponsored Links


 

けど、実際には

「安定期に入ったので温泉旅行でゆっくりして来ました♪」

とか、

「新婚旅行に海外旅行を計画していたけれど、

妊娠が分かって国内の温泉地を巡ることにしました♪」

などなど、妊婦でも温泉に入っている人もいる!!

 

妊婦の温泉!いいの?悪いの?どっち?

 

というわけで、妊婦は卒業したものの

育児に追われ、温泉どころではない管理人が

「私はいったいいつ温泉につかれるの?」とボヤきつつ、

今更ながら調べてみました^^;

 

あなたのお役に立てれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

 

妊婦の温泉入浴がダメと言われたワケ

「妊娠中、特に妊娠初期と末期には入らないこと」

という注意書き、確かにあったんだよね。

ちょっと前までは・・・。

 

そう!実はこの規定、2014年に撤廃されたのです^^

つまり、現在は妊婦さんの温泉入浴はOKってことに♪

この理由は後で説明するとして、

 

それまではなぜダメだと言われていたのかをまとめてみました。

 

20130109_40441 妊娠中は皮膚が敏感になることがある。(個人差あり)

妊娠性痒疹や湿疹が出来てしまうこともあるそうです。

 

20130109_40442 温泉成分により、床が滑りやすくなっていて危険!

床が滑って転倒!ってことになると、

打ちどころや強さによっては本当に危険。

 

大きく挙げて、この二点が「妊娠中に温泉に入ってはいけない」

と言われていた理由と考えられています。

 

妊婦の温泉入浴が大丈夫になったワケ

上でもお話しましたが、

2014年にめでたく、「妊婦でも温泉に入ってもよい!」

ということになりました♪

 

どういうことかと言いますと、

2014年に環境省温泉施設に掲示する

注意書きや効能の内容を32年ぶりに見直すことを発表。

これによって、「妊娠中は入浴を避けるべき」という規定

削除する方針が決めらたのです。

20140129出典:http://ofclay.net/

削除する理由として、

「よく調べたが、なぜ書かれているか分からなかった」とか。

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

よくわからなかったのに、禁止してたの???

 

私、めっちゃ我慢してたんですけど~(`⌒´メ)!

 

Sponsored Links


 

で、もう少し調べてみると、温泉法というのがあって、

温泉施設には成分表と入浴を避けるべき症状や

入浴や飲用上の注意書きを掲示するよう定めています。

 

妊婦は「入浴を避けるべき症状」だと言われるようになったのは、

この温泉法が出来た1982年当時のことで、

近年の医学的観点からいくと

「医学的根拠に欠ける」ものであることが分かったそうです。

 

なので、今では基本的には温泉の成分が

妊娠中に胎児に直接影響を与えることはない

といわれています。

また、温泉に入ったことで

切迫早産や流産の発症率に差はないことからも

妊娠中の温泉は禁忌事項ではないとされたワケです。

 

というわけで、

現在の妊婦さん、おめでとうございます♪

あなたは、温泉に浸かることが出来ま~す☆d(o⌒∇⌒o)b

 

が、気を付けておきたいポイントもあるんだよ^^

次はそのポイントを紹介しておくね!

 

妊婦が温泉に入る時に気をつけるべきポイント

めでたく温泉入浴OKになった妊婦さんですが、

これだけは注意したほうが良い!ってこともあります。

e06cac5bb179411b4cdd9f155fe1b5e0_s

110788 単純温泉を選んで入ろう

温泉といっても色々な効能があり、

中には硫黄の匂いがきつい温泉場もあるよね。

 

硫黄成分が強いと肌がピリピリ(><)

妊娠中の敏感な肌には、あまりよろしくないかと。

なので、オススメは刺激の少ない単純温泉★

濃い食塩温泉やラジウム温泉も避けたほうが無難だよ^^

 

110788 長湯は禁物

妊婦さんは基本的に長湯厳禁です!

42度以上の高温や30度以下の低温

交感神経が刺激されるのでNG。

交感神経が刺激されることで血圧が上昇してしまうのが理由です。

 

また、妊婦さんの体温があがると、

自然とお腹の赤ちゃんの温度も上がってしまいますから、

長くても10分程度つかるくらいにしましょう。

 

もしくは、少し休憩してまた入る。

この繰り返しで楽しむならOK♪

妊婦さんは普段よりものぼせやすくなっているので

過信せずに気をつけて下さいね~!!

 

110788 転倒してケガをしないように。

妊婦の入浴で一番気をつけたいのは「転倒」。

いつもならば滑ってもふんばれるかもしれないけれど、

お腹の大きさと重さで、普段通りには動けませんよね!

 

腹部を強打してしまうと、赤ちゃんに大きな影響を

与えてしまうかもしれません!!

温泉の成分などで、浴室や脱衣所とも

滑りやすい場合が多いので、くれぐれも気をつけて下さいね。

 

 

最後に

以上のことから、妊婦さんも気をつければ

温泉を楽しめることがわかって本当に良かった♪

 

お腹の赤ちゃんのことを思うととってもHAPPYなんだけど、

身体の重さや、マタニティブルーやら、

妊婦だってストレスは溜まるもんね!

 

温泉にゆっくりつかると、

筋肉や交感神経の緊張を低下させる効果があって

ストレス解消になるんだって^^

 

ただ、転倒はやっぱり恐いので、

出来るだけ一人で入らずに付き添いの人がいるとベストかな。

旦那様と二人で出かけるなら、

家族風呂や貸切露天風呂などを利用するのも良いよね。

 

あとは、入浴後の水分補給をお忘れなく( ̄^ ̄ゞ!!

お腹の赤ちゃんと一緒に、ゆったり温泉につかって、

素敵な思い出を作ってね~♪♪♪

 

Sponsored Links


 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の私 (♡˙︶˙♡)

このページの先頭へ