大切に扱っていても・・・絶対に現れてしまう毛玉。

毛玉ができると、オシャレも一気に台無しな気分になりますよね。


 

特に冬物の服はすぐに毛玉の餌食となり、気付いた時には大量発生でガッカリ。

なんなのよ~!!

大切に着ているつもりなのに、毛玉ってなんで出来るのよ~!

と、お怒りのあなたには、まずコチラの生地・・・じゃなく、記事を(笑)

⇒毛玉の原因は洗濯だけじゃない!毛玉のヒミツと対策!

 

出来てしまった毛玉は、頑張って取るしかない!!

でも、その毛玉の取り方が問題。

電動毛玉取り機や、毛玉取りブラシ

巷では、カミソリがいいやら、スポンジがいいやら・・・

毛玉を取るには、いったいどの方法がいいの?

それぞれのメリット・デメリットをふまえて調べてみました!!

毛玉のザラザラを睨みつけながら、ご覧くださいませ<(_ _)>

Sponsored Links




 

電動毛玉取り機と毛玉取り!メリット・デメリット

毛玉を取る方法の代表とされるのがこの2つじゃないですか?

まずは、この代表的な二つを比較してみましょう。

電動毛玉取り機


 

  • メリット:毛玉の面積が広くても一気に取り除くことができる♪
  • デメリット:勢いよくやると、生地の風合いを損ねたり穴があいたり・・と失敗も多く、音の大さがちょっと気になる。
結構、デメリットが多い気がする電動毛玉取り機。

私も以前持ってた毛玉取り機が、あまり綺麗に取れなくて、今ではどこにあるのかも定かではなく・・・。

最近では100均でも売っていたりしますよね。

すご~く簡単に手に入るけれど・・・

正直、私が使用した感想としては、ちょっとイマイチでした。

 

毛玉取りブラシ

私、これも持っていました!

以前にテレビ番組で紹介されていて、「すご~い♪」と素直に感動し、即購入!

お値段高めだったんだけど、やっぱり買って良かったわ~♪

と、言いたいところだけど、実はそうでもなかったという残念なお話しです。

  • メリット:そこそこ毛玉は取れますし、電動のような穴開き等の心配なし!
  • デメリット:コツがいる!生地の表面が毛羽立ってしまう!使い始めはブラシの毛がついてしまう!
実際、毛玉は結構取れます。

でも、力の入れ加減が難しい気がします。

ある程度の力がいりますしが、入れ過ぎると生地が毛羽立つ。

頑張って毛玉は取ったけど、生地が毛羽立ってしまって、結果余計に汚くなっている(悲)

という具合で、想像以上に難しい代物なのです。(個人的感想)

 

巷で噂のカミソリやスポンジはどうなの?

毛玉をカミソリでカットすると良いらしいよ♪

スポンジを使うと簡単に取れるよ♪

毛玉取りに関しては、色んな噂というか、裏ワザ的なことを聞くのですが、実際はどうなのでしょうか?

 

カミソリ


カミソリは、毛玉取りブラシと同様コツが必要!

繊維を引っ張らずにうまくカット出来るならアリです♪

つまり、こういうこと↓。

  • メリット:コツがいる!
  • デメリット:電動毛玉取り機と同様、失敗すると生地に穴が開いたり、傷がつく可能性も十分にあり。
 

スポンジ


裏技として紹介されている、スポンジを使う方法。

ということで、実際にやってみましたが、感想は・・・毛玉取りブラシに似ている。

どういうことかというと、

「おぉ!なるほど!ある程度は取れるね♪」と感じた後に、やはり跡が毛羽立っている。

気になって、さらに調べてみると、クリーニング屋さんの意見を見つけました。

 スポンジは繊維を引っ張ってしまうので言語道断!!

だそうで、気持ちよすぎるくらい、呆気なく切り捨てられてました。

スポンジだと、余計な繊維も引っ張ってしまうのでNGってことですね。

 

Sponsored Links



 毛玉取りの極意

じゃぁ、結局どうすればいいの?

どれにもデメリットがある。

そうなんですよね~。。。

毛玉って思っている以上に厄介な奴でした。

ここは原点に戻って考えてみよう。


それは、繊維を引っ張らないこと! 

いかに、生地表面の風合いを損ねないように上手に取り除けるか!!

これが勝負のカギ★

 

という訳で、考え抜いた結論は、

眉毛ハサミで毛玉を一つ一つカットするのが一番♪

って言ったら・・・怒りますよね。


私だったら、ちゃぶ台ひっくり返します。

でも、本当にそうですよね。

面積が狭いならば、本当にこれが最善の方法と言えるのですが、面積が大きい場合はそんな果てしない作業してられませんよね。

 

なので結局、私の中の結論では

一番有効なのは「電動毛玉取り機」でした

(※100均のではありません)

電機シェーバーのように、生地の表面を軽く滑らせるだけで、たくさんの毛玉を一気に処理してくれる♪

この「軽く滑らせるだけで」というのがポイント。

二次被害を防ぐ為にも最善策と言えるでしょう。

 

Sponsored Links



絶対アウトな方法

ここでは間違ってもやって欲しくない方法を2つ紹介します。

手でちぎる

身に覚えはないですか?

私はめちゃくちゃありました(笑)

これは最悪な方法なんですって!

毛玉って、毛羽立った繊維の先が絡まったもの。

kedama_animal

だから、無理に引っ張ると繊維ごと引きちぎることに!!

結果、生地は痩せて傷むし、次の毛玉の原因にもなるんだよ。

 

毎日とるのも絶対アウト

憎っくき毛玉ヤローでも、そもそもは生地の一部だったことを忘れるべからず!!

毛玉を取ることは、少なからず生地にダメージを与えていることになってしまいます。

気になるのはわかりますが、毎日毛玉を処理してしまうのは、生地への負担が大きすぎます。

かなり気になった時に、目立たなくなる程度にとどめておくことが大切なのです。

 

100均の毛玉取り器

以前にこの記事で、100均の毛玉取り器はやめておいた方が良いよ~!と書いていたところ、「100均のだって十分に使える(激怒)!」とコメントをいただきました。

ですので、追記させていただきますと、100均の毛玉取り器ももちろん使えますし、完全に否定しているわけではございません。

ただ、私が以前に使った感想として、

普段着や靴下なんかには使えるけれど、大切にしている服(ちょっと高かった服とか)には使いたくないなぁ~という印象を受けましたので、100均の毛玉取りに関して少し否定的な書き方になってしまいました。

当然、使い心地には個人差がありますので、一概には言えません。

100円ですので、一度試してみて、自分との相性を確認するというのも一つの手ですね(o^―^o)

 

Sponsored Links