暑中見舞いの時期!いつからいつまでが正しい?喪中時はどうする?

暑中見舞いって、いつからいつまでの時期に出すのが正しいの?

年賀状に比べると出す人も少なく、時期的にも曖昧な部分もあり、わからなくなってしまいがちですよね。

そんなあなたにぜひ知っておいて欲しい。

ここでは、暑中見舞いを送る正しい時期(いつからいつまで)について解説していきます。

暑中見舞い・お中元・残暑見舞いの使い分け方や、喪中時の場合についてもご紹介していきますので、ぜひチェックしておいてくださいね。

Sponsored Links



暑中見舞いを送る時期!いつからいつまでが常識?

まずは、暑中見舞いを送る時期についてチェックしていきましょう。

諸説ありますが、そもそもの意味を知ることで時期を覚えやすくなるので、追って紹介しておきますね。


 

暑中見舞いを送る時期は?

暑中見舞いを出す時期は、日本の旧暦の二十四節気に大きく関係していて、主に3パターンあります。


  • 夏の土用(「立秋」直前の18日間のこと)の期間中。【7/20頃~8/6頃】
  • 「小暑」(しょうしょ)から「立秋」(りっしゅう)前日の約1ヶ月の期間中【7/7頃~8/6頃】
  • 上2つの期間中で、かつ梅雨明け以降を条件に加えるもの。
基本的に、梅雨明け~立秋までというのが一般的です。

それを過ぎたら、残暑見舞いに切り替わります。

具体的にいうと、梅雨明けはその年にもよりますが、おおよそ7月中旬ごろになることが多いです。


 

立秋は8月の6日~8日のどれかになることが多いので、大体20日間くらいの間が暑中見舞いの時期といえますね。

ただし諸説あるといったように、小暑(7月の6日~8日のどれか)からという意見や、夏の土用の時期(※)という説もあるというわけです。

いずれにしても、これらの時期は相手に届く日が基準ですので、立秋(8月6~8日)間際に出す場合には少し注意が必要ですね。

 

(※)土用の時期とは?

四季それぞれにある土用のうち、最も有名なのがこの夏の土用です。

立秋前の18日間のことを指していて、季節が移り変わる時期という意味合いでも使われます。

7月19日~8月6日ころなのが大体で、年によっては18日間ではない場合もあります。

ちなみに、2017年の夏の土用の入りは7月19日で、明けは8月6日となっています。

 

3パターンもあるとなると、また頭の中がゴチャゴチャして迷ってしまうので、最初にお話した「暑中見舞いのそもそもの意味」というのが重要になってくるわけですね。

 

暑中見舞いの意味とは!

『読んで字のごとく』なのですが、「暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?」というように、友人・知人・親戚などの安否・健康を見舞う挨拶状というのが本来の意味になります。

江戸時代にはこの酷暑の時期に、夏バテを防止するような食べ物をお土産に持参して、挨拶に出向いていたそうです。

現代のように、「暑中見舞いのハガキ」が始まったのは大正時代のこと。

明治時代には、郵便制度も発達して、すっかり習慣化されました。


 

夏の中でも最も暑さの強い時期に適しているものなので、相手の住んでいる地域が、その年で一番暑い時期に届くようにするのがベストといえます。

そう考えると「梅雨明け~立秋」でというのもなんとなくうなづけますよね。

ただし最近は寒暖がおかしかったりするので、不安であれば時期通り(7/20頃~8/6頃)に出しておいて間違いないです。

さらに梅雨が明けていれば尚良しですね♪

しかし時期を多少ずれたとしても、暑さがひときわ厳しい時期ならば問題はありませんよ。

また、お中元の時期と重なるので、最近では、お中元のお返しの贈答品に「暑中お見舞い」の熨斗(のし)を付けて贈ることも多くなっていますね。

基本的には「暑さが厳しいですがお元気ですか?」というような基本の意味合いを持ちますが、

最近では年賀状と同じように、ついでに近況をお伺いしたり、自分の報告をしたりする人も増えています。

 

Sponsored Links




 

暑中見舞い・お中元・残暑見舞いの使い分け方

さてここで気になるのが、暑中見舞いとお中元と残暑見舞いの使い分け。

なんとなーく全部夏のイメージがありますから、どれをどう使うべきなのか迷う人も多いと思います。

さらっと分かりやすく解説していくので、実際に出すときの参考にしてくださいね。

 

《暑中見舞いの使い方》


 

暑中見舞いはさきほど説明したような時期に、そういった用途を基本にして、どんな用途としても使うことができます。

テンプレートとしては、以下のポイントに気をつけて内容を決めると失礼がないでしょう。

  • 暑さが厳しいことを入れ込む
  • 相手の体調や様子を気遣う
  • 健康を願う
  • ついでにさらっと近況報告をする
  • 時期もしくは暑さのとくに厳しい頃に送る
近況報告については、結婚・出産・引越し・就職・転職などから、

間柄によっては「息子が大学を無事卒業した」「いつごろまた伺います」「冬には家族でどこどこへ旅行に行く予定です」など、手紙のような使い方をしても良いですね。

あくまで相手のことを大きく出しつつも、近況報告したいことをまとめると良いでしょう。

 

《お中元の使い方》


 

お中元は地域によって出す時期が異なります。

  • 西日本:7月中旬~8月15日
  • 東日本:7月1日~7月15日
  • 北海道:7月中旬~8月15日
  • 東海地方:7月中旬~8月15日
  • 九州地方:8月1日~8月15日
一部地域によってはこの限りでないという説もありますので、不確かな場合には「御年賀」として出しておくと間違いありません。

もしくは暑中見舞いとして出しても良いので、時期をずらして一緒に出しても良いですよ。

使い方というか、意味合いとしては「日ごろの感謝」を伝えるものなので、その用途に沿うように使っていきましょう。

 

《残暑見舞いの使い方》


 

残るは残暑見舞いですが、これが暑中見舞いと混同しやすくて厄介です。

字面を見る限り、「暑さが残るお見舞い」ですので、「まだまだ暑い日が続きますがお体にご自愛ください」というようなものが多いですね。

時期としては、暑中見舞いが立秋までなのに対し、そのあとの立秋以降から8月いっぱいころまでのものに残暑見舞いを使います。

地域によっては8月半ば以降というところもありますが、これも意味合いとともに時期を決めていくと間違いないですね。

ただし、いずれにせよあくまで「相手が受け取るとき」にあわせなければならないので、そのあたりはしっかりと調節しておきましょうね。

 

Sponsored Links




 

喪中期間の暑中見舞いはどうすべき?

最後に、喪中期間の暑中見舞いについてまとめておきますね。

自分が喪中である場合、相手が喪中である場合、それぞれ分けて解説していきます。


 

自分が喪中である場合の暑中見舞い

自分が喪中である場合は、暑中見舞いは出してもOKです。

喪中であるという報告も兼ねることができますが、故人と関わりがほとんどない場合、または、特に深い人には控えておいたほうが、要らぬ気を遣わせずに済むでしょう。

(人によっては、知らされていないことを、例え故人の意思だとしても、ショックだと受け取る場合などもありますから…)

また内容については注意点がいくつかあるので、のちほどまとめて紹介しておきます。

 

相手が喪中である場合の暑中見舞い

相手が喪中の場合には、49日を過ぎてから出すのがベストです。

もし49日の間に暑中見舞いの期間が過ぎてしまえば、残暑見舞いやご挨拶として送りましょう。

もし49日がいつの期間かは分からないけれど、喪中であることは知っている場合には、通常通りの暑中見舞いを出すか、今年に限り出さないでおくのが懸命です。

出す場合には、内容に注意が必要です。

そこで、喪中の場合の暑中見舞いの注意点について、チェックしておきましょう。


 
祝いの言葉・できごとはNG
結婚や出産をはじめとする祝い事の報告や、「おめでとう」「喜ばしい」といった言葉は使わないでおきましょう。

そういった報告をする場合には、暑中見舞いとは別に、ご報告のお便りを出すのが適しています。

同じように、年賀状は新年のお祝いですからNGですが、寒中見舞いは出せるので知っておくと失礼がありませんよ。

 
色合いやデザインにも注意
今は絵葉書なんかも流行っていますから、色とりどり思いを込めた暑中見舞いを出したいところですが…

喪中には、できるだけ簡素なものにしておくのが無難です。

色使いはもちろんのこと、無地に近いようなものが望ましいですね。

 
暑中見舞いなどが来た場合はお返事を
もしどなたかから暑中見舞いが届いた場合には、きちんとお返事をしておきましょう。

その際注意点はおさえておきつつ、嫌味にならないようであれば、喪中であることをお知らせするのも良いでしょうね。

出さないというのは挨拶を無視するようなものですから、大変失礼であることは覚えておきましょう。

 
重ね言葉は使わない
「ますます」「つねづね」「たびたび」などの、重ね言葉は使わないほうが賢明でしょう。

お祝いの席でのスピーチなどでも控えるべきとされるものですので、重ね言葉や忌み言葉 (「短い」「落ちる」「終わる」など)は使わないようにしましょうね。

 

Sponsored Links




 

あるある!暑中見舞いQ&A

暑中見舞いについて、なんとなくわかってきたところで、「こんな場合はどうすれば?」と質問が出てきそうなものを、まとめてみたいと思います。


 
立秋(8/7・8)になっても梅雨が明けない年はどうなる?
長梅雨で立秋になっても梅雨が明けない!

そんな時は、残念ながら「暑中見舞い」は送れません。

梅雨が明けてから「残暑見舞い」を送りましょう。

 
自分の住む地域は梅雨明けしたが、相手方の地域が梅雨明けしていない場合は?
相手方の地域の梅雨明けを待ちましょう。

まだ梅雨明けしていない地域の方に暑中見舞いを出すのは、あまりよろしくないとされています。

  
暑中見舞いと残暑見舞いは両方出した方が丁寧?
同じ意味を持つ挨拶状ですから、両方出す必要はありませんし、両方出してしまうとちょっとクドいですね(-_-;)

どちらか片方でいいですよ。

 
暑中見舞いのついでに、結婚や出産・引っ越しなどの報告をしてもいい?
さきほども少し触れましたが、最近多いのがこのパターン。

悪くはありませんが、そもそも”相手を気遣う意味”で送る挨拶状ですから、自分の報告をダラダラするのは控えた方が良いでしょう。

上で挙げたような最低限のマナーを守り、自分の報告はついで程度に完結に!

 

Sponsored Links



まとめ

時期やマナーなど、「暑中見舞いは思っていたより奥が深いなぁ~…」そんな印象を持ちませんでしたか?

時期や喪中での扱いを間違えると、せっかくの暑中見舞いが悪い印象で終わってしまう可能性もあります。

ぜひポイントをおさえて、自分も相手も気持ちよくなる挨拶状を目指しましょうね。

 

>お歳暮を贈る時期はいつ?大切なマナーとは?お歳暮Q&A!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ